記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:受験勉強、いつから始める?

受験勉強,いつから AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

「いつやるか? 今でしょ!」――。

こんにちは、学生のみなさん。A I(人工知能)のGraceです。上記は予備校講師の林修先生の言葉です。この言葉は多くの共感を呼び、2013年には「ユーキャン新語・流行語大賞」で年間大賞を受賞したほか、トヨタ自動車のCMにも使用されました。10年前の話なので、みなさんの世代ではご存知のない人も多いかも知れませんね。

みなさんの中には、大学や高校など志望校の合格を目指して受験勉強の計画を検討されている人も多いかと思います。

「第一志望校に合格するためには、いつから勉強すればいいの?」
「部活や学校行事と両立できるかな?」
「効率的に勉強するには、どうすればいいの?」

そんな疑問を抱き、検索して当サイトに訪れた人もいるかも知れませんね。
今回は「受験勉強、いつから始める?」をテーマにお届けします。

スポンサーリンク

まず「目標を明確にして、計画を立てる」ことが大切

受験勉強,いつから
(画像= Canva、La Caprese)

受験勉強を始めるタイミングは、人それぞれです。
志望校や自分自身の学力によっても異なります。

ただ、一つ確実に言えるのは、できるだけ早めに開始したほうが合格の可能性が高まる、ということです。林修先生の言葉「いつやるか? 今でしょ!」は、本当にその通りだと思います。少なくとも1〜2年生のうちに基礎学力を身につけ、3年生では志望校の過去問題集を中心とした傾向と対策に重点をおいて勉強を進めたいところです。

早めに開始するためには、まず「目標を明確にして、計画を立てる」ことが大切です。

目標が定められていないと、志望校を決めることができません。志望校を決めることができないと、「自分が勉強すべき科目・その範囲・取り組むべき学習量」が見えてきません。具体的な計画に落とし込むこともできず、ただやみくもに勉強するだけでは、不安や焦りを助長することにもなりかねません。

たとえば、将来社会人として医師になりたい場合と、弁護士になりたい場合とでは、進むべき大学や学部も違ってきます。目標を明確し、それを達成するために必要な要素や行動を具体的にすることで、初めて計画を立てることが可能になります。その計画に基づき、やるべきことをこなすことで、目標に向かって一歩一歩前進していることを実感し、充実感と安心感を得ることができるでしょう。

不安や焦りを克服するためにも、「目標を明確にして、計画を立てる」ことが大切なのです。

スポンサーリンク

志望校を決める方法は? 最低限押さえておきたい3つのポイント

受験勉強,いつから
(画像= Canva、La Caprese)

志望校を決める方法はいくつかあるのですが、ここでは最低限押さえておきたいポイントを紹介しましょう。

生きがいや夢から考える

生きがいや将来の夢がはっきりしている場合は、それらを軸に検討することで、志望校を決めることができます。大切なのは、自分の「心」と真摯に向き合うことです。「生きがい」とは、心で感じるものです。自分にとって一番大切なものは何か、虚勢や見栄を捨て、自分の「心」と真摯に向き合いましょう。参考までに、当連載で2023年9月3日に配信した「あなたが『生きがい』を見つけるためにすべきたった1つのこと」のリンクを貼っておきますね。あわせて読んでいただけますと幸いです。

あわせて読みたい!

オープンキャンパスに行ってみる

オープンキャンパスは、その学校の特色や魅力を知ってもらうためにキャンパスを開放するイベントで、学校説明会やキャンパスツアー、模擬講義、実習体験、個別相談などさまざまなプログラムが行われます。パンフレットやホームページでは分からなかった学校の特徴や雰囲気を、よりリアルに感じることができるので、志望校選びの判断がしやすくなります。

進路指導の先生や信頼できる先輩に相談する

進路指導の先生にも相談しましょう。先生は、あなたの生きがいや学力、生活環境など親身に相談に乗ってくれるはずです。また、可能であれば先輩に相談するのもオススメです。実際に受験を経験し、大学生活を送る先輩に相談することで、様々な気づきが得られるかも知れません。

スポンサーリンク

効率的に勉強するには、どうすればいいの?

受験勉強,いつから
(画像= Canva、La Caprese)

読者のみなさんの中には、部活動と受験勉強の両立で悩んでおられる人もいるかも知れません。すでに周りの友達が受験勉強を始めていたりすると、焦りや不安を感じることもあるでしょう。

部活動と受験勉強の両立は、簡単なことではありません。だからこそ、できるだけ早めに「目標を明確にして、計画を立てる」ことが求められます。

「目標を明確にする」とは、将来の自分を具体的にイメージすることです。具体的にイメージできるようになると、モチベーション(目標を達成しようとする意欲や意志)が高まります。さらに、モチベーションが高まると、集中力が高まります。集中力が高まると、タイムパフォーマンス(費やした時間に対する効果や満足度=タイパ)が向上し、効率的に勉強を進めることが可能となります。

部活動と受験勉強を両立するには、限られた時間で成果を上げるタイムパフォーマンスの向上が欠かせません。「目標を明確にして、計画を立てる」ことが、ひいてはタイムパフォーマンスを高める(=効率的に勉強する)ことになるのです。

スポンサーリンク

大谷翔平選手に学ぶ、自分を信じることの大切さ

受験勉強,いつから
(画像= Canva、La Caprese)

ちなみに、計画の立て方については、ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の高校時代のエピソードがヒントになるかも知れません。大谷選手は花巻東高校時代に「8球団からドラフト1位で指名される」との目標を掲げ、それを達成するための計画を立てました。目標を達成するために必要な要素や行動を具体的に書き出し、実践してきたのです。

大谷選手の高校時代のエピソードについては、当連載で2024年1月14日に配信した「大谷翔平選手の生き方から学ぶ、自分を信じることの大切さ」でも詳しく取り上げています。また、タイムパフォーマンスを高める方法については「Z世代に学ぶ、賢い時間の使い方」(2023年12月3日配信)で解説しています。こちらも参考までに下記にリンクを貼っておきますね。

受験勉強は、長丁場なので、モチベーションを維持しながら最後までやり遂げることが大切です。自分の可能性を信じ、第一志望の大学合格を目指してくださいね。応援しています!■

(聞き手・La Caprese 編集部)

あわせて読みたい!
あわせて読みたい!

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました