花粉症

ウェルビーイング

敏感肌の女性の約9割が、花粉の時期の肌荒れに悩んでいることが判明――資生堂の調査報告

2024年1月19日、資生堂(本社:東京都中央区)は『敏感肌の花粉の時期の肌荒れに関する意識調査』を公表した。本調査は、2023年10月に敏感肌の花粉の時期の肌荒れ対策や悩みの実状を明らかにするために実施したもの。調査結果からは、花粉の季節の肌荒れに約90%もの人が悩んでいるものの、対策を取っている人は約45%、さらに防御スプレー等で対策をしていても肌荒れが気になる人は99%にものぼることが明らかになった。
ウェルビーイング

ほこりや花粉、大気汚染の「肌への影響」を軽減する可能性を確認――花王の研究成果

空気中には、ほこりや花粉などの目に見えない微粒子が浮遊している。これらの微粒子の肌への影響として、肌がくすんで見えたり、肌あれなどのトラブルが生じたりすることがある。
ウェルビーイング

「粘液分子」が花粉から眼を保護する仕組みを解明――順天堂大学大学院の研究成果

2023年3月17日、順天堂大学大学院の研究グループは、眼の表面を保護する粘液(ムチン分子)のシアル化糖鎖が、粘液の花粉などの粒子を包み込んで除去する機能を高め、花粉症の抑制に役立っていることを初めて明らかにした。
ウェルビーイング

医師が解説する「おすすめの花粉症対策」。かゆみやだるさ、少しでも軽減したい!――ユーグレナの調査報告

2023年2月10日、ユーグレナは全国の花粉症の症状の自覚のある男女526人を対象に実施した『花粉の時期の症状として最もつらいと感じる症状』に関する調査結果を発表した。また、今回の調査結果を受け、医学博士の日比野佐和子先生からの具体的な対策方法を紹介した。
スポンサーリンク