記事内に広告が含まれています。

特集:外食産業「復活」への期待

特集:外食産業「復活」への期待
資産形成

ホットランド、純利益は97.5%増。「鬼滅の刃」コラボキャンペーン、米MLBドジャースの球場内店舗も話題

2024年5月17日、東京証券取引所でホットランドの株価が一時2,310円まで買われ、年初来高値を更新した。今年3月5日の安値1,791円から2カ月余りで29.0の上昇である。
資産形成

アサヒグループホールディングス、株価は年初来高値。長期戦略を支える経営基盤の強化に注力

2024年5月16日、東京証券取引所でアサヒグループホールディングスの株価が一時5,900円まで買われ、年初来高値を更新した。3月5日の安値5,061円から2カ月余りで16.6%の上昇である。
資産形成

カゴメ、最終利益は478.8%増。株価は年初来高値、業績予想を上方修正

2024年4月30日、東京証券取引所でカゴメの株価が一時4,297円まで買われ、年初来高値を更新した。2023年1月12日の安値2,904円から15カ月半で48.0%の上昇である。
スポンサーリンク
ニュース

主要外食100社の「値上げ」、今年は3割にとどまる。昨年から半減、値上げの勢い鈍化――帝国データバンクの調査報告

2024年4月19日、帝国データバンクの調査によると、外食主要100社における2024年の価格改定計画(値上げ、実施済み含む)で値上げを表明したのは26社で、2023年(49社)から半減したことが明らかになった。
資産形成

ブロンコビリー、純利益は180.3%増。株価は年初来高値、厳しい経営環境下で業績伸ばす

2024年4月19日、東京証券取引所でブロンコビリーの株価が一時3,985円まで買われ、年初来高値を更新した。今年1月4日の安値3,120円から3カ月半で27.7%の上昇である。
資産形成

六甲バター、純利益は102.9%増。株価は年初来高値、既存事業の拡大と新規事業の成長・投資戦略を推進

2024年4月2日、東京証券取引所で六甲バターの株価が一時1,447円まで買われ、年初来高値を更新した。2023年1月6日の安値1,225円から15カ月で18.1%の上昇である。
資産形成

銚子丸、株価は上場来高値。営業利益は207.3%増、年間配当予想の増額修正も刺激材料

2024年3月29日、東京証券取引所で銚子丸の株価が一時2,150円まで買われ、上場来高値を更新した。2023年1月6日の安値1,116円から15カ月足らずで92.7%の上昇である。
資産形成

丸千代山岡家、株価は上場来高値。営業利益は301.4%増、既存店売上は23カ月連続のプラス

2024年3月19日、東京証券取引所で丸千代山岡家の株価が一時7,640円まで買われ、上場来高値を更新した。2023年1月30日の安値1,170円から14カ月足らずで553.0%の上昇である。
資産形成

なぜ、魁力屋の株価は3カ月で114%上昇したのか?

2023年12月15日、東京証券取引所スタンダード市場に魁力屋が上場しました。魁力屋の株価は2024年3月18日に一時3,445円の高値を付け、3カ月で114.0%の上昇を記録しました。今回は魁力屋の株価上昇の背景について解説します。
資産形成

ホクト、V字回復が鮮明。株価は昨年来高値、国内きのこ事業が好調

2024年3月11日、東京証券取引所でホクトの株価が一時1,940円まで買われ、昨年来高値を更新した。2023年12月13日の安値1,708円から3カ月で13.6%の上昇である。
スポンサーリンク