ウェルビーイング

「お口の健康が全身の健康に影響すること」を知っていても、企業の歯科健診実施率は低い――サンスターの調査報告

サンスターが企業における歯科健診の取り組み・意識について調査したところ、「健康経営優良法人」認定企業の9割が“お口の健康が全身の健康に影響すること”を知っている一方で、企業内で歯科健診を実施しているのは、たった3割にとどまることが明らかになった。
ウェルビーイング

エッセイ:2030年、薬で歯を生やす時代へ? 京大発スタートアップベンチャーの挑戦

京大発スタートアップベンチャーのトレジェムバイオファーマは、ヒトの永久歯が先天的に欠如する原因として、骨形成たんぱく質であるBMPやWntの働きを「USAG-1」と呼ばれる分子が阻害していることを突き止め、この働きを止める抗体を開発した。
ウェルビーイング

妊娠前から「むし歯予防・歯周病予防」をせずに後悔をした人は約4割――サンスターグループの調査報告

妊娠前から「むし歯予防・歯周病予防」をせずに後悔をした人は約4割――2023年3月1日、サンスターグループ(本社:大阪府高槻市)が全国の女性1,309名を対象に実施した『女性の健康と口腔に関する調査』でそのような状況が明らかになった。
ウェルビーイング

ロッテ、人生100年時代を「噛むことでサポート」するツールを開発。オーラルフレイルを予防するために

口は「食べる」「話す」「表情を作る」などさまざまな機能を有している。その中でも「食べる」ことは、栄養摂取などの生命維持に重要な役割を果たすとともに、食事を楽しむなど、人々の豊かな生活に欠かすことのできない機能である。
ウェルビーイング

将来、歯周病になる可能性があると感じている人は約7割。「歯の健康意識」が将来の医療費の明暗分ける――サンスターの調査報告

将来、歯周病になる可能性があると感じている人は約7割。――2022年11月11日、サンスター(本社:大阪府高槻市)が全国の20歳以上の男女 1,100人を対象に行ったアンケート調査で、そのような実態が浮き彫りとなった。
ニュース

山梨県、山梨県歯科医師会、サンスターが「山梨県民の口腔の健康づくりに関する連携協定」を締結

2023年2月14日、山梨県と山梨県歯科医師会、サンスター(本社:大阪府高槻市)は、山梨県民の歯科口腔保健を通して健康づくりを推進する連携協定を、2023年2月9日に締結したと発表した。
ウェルビーイング

「歯の喪失リスク」は肥満度が高い人ほど増大する――滋賀医科大学とサンスターの研究成果

肥満度が高いと歯の喪失リスクが増大する。――2022年9月26日、滋賀医科大学(滋賀県大津市)とサンスター(大阪府高槻市)の共同研究で、そのような結果が明らかになった。
スポンサーリンク