記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:若返りホルモンを増やして、心身ともに健康に!

若返りホルモン,増やす方法 AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「若返りホルモンの増やし方」です。

ホルモンを制す者は「老化」を制す――。同志社大学生命医科学部アンチエイジングリサーチセンター/糖化ストレス研究センターの米井嘉一教授は、2023年8月に上梓した『若返りホルモン』 (集英社新書)でそのように書かれています。若返りホルモンはその名の通り、人間の心と体を若々しく保つ働きがある情報伝達物質の総称で、肌の弾力や筋力の維持、骨粗しょう症の予防、認知機能の改善など、さまざまな働きがあります。

若返りホルモンには多様な種類があるのですが、いずれも加齢とともに減少します。そして、それら若返りホルモンの減少とともに老化が進行するのです。しかしながら、適度な運動や睡眠、バランスのよい食事などの「生活習慣を改善する」ことで、若返りホルモンの減少を食い止め、増やすことは可能です。

今回は「若返りホルモンを増やして、心身ともに健康に!」をお届けします。

スポンサーリンク

若返りホルモンってなんだ?

ホルモンは、心や体のさまざまな働きを調節する情報伝達物質です。ホルモンが必要な時期に必要な量を分泌することにより、心や体のバランスが保たれています。中でも、若返りホルモンは人間の心と体を若々しく保つ上で極めて重要な役割を果たしています。

まずは、代表的な若返りホルモンを以下に紹介しましょう。

成長ホルモン

成長ホルモンは、脳の下垂体から分泌されるホルモンです。骨や筋肉の発育、脂肪の分解、免疫機能や認知機能への作用等さまざまな働きがあります。成長ホルモンは小児期に背を伸ばす作用があることで知られていますが、成人になってからも体を良好な状態に保つ上で欠かすことができません。たとえば、成長ホルモンが不足すると脂肪を分解する機能が低下して「メタボリックシンドローム(メタボ)」となる可能性が高まります。しかも、メタボになると成長ホルモンが出にくくなるという悪循環に陥る危険性もあるので注意が必要です。

性ホルモン

性ホルモンはステロイドホルモンの一種で、大きく分けて男性ホルモンと女性ホルモンがあります。①男性ホルモンは、男性らしい体つきや機能、②女性ホルモンは、女性らしい体つきや機能……を作り出す働きがあります。ちなみに、男性の体でも女性ホルモンは分泌されるほか、女性の体からも男性ホルモンが分泌されます。性ホルモンにも多様な種類があるのですが、筋肉をつくり、肌や髪のツヤやハリを保ち、骨を丈夫にし、脂肪を分解するなどの働きがあります。

DHEA

DHEAはデヒドロエピアンドロステロンの略称で、さまざまなホルモンの生成に関与しています。冒頭で紹介した同志社大学の米井嘉一教授は著書『若返りホルモン』 (集英社新書)の中で、DHEAは50種類以上のホルモン生成に関与する「ホルモンの母」と紹介しています。DHEAは、筋力の維持や脂肪の分解、免疫機能の向上に加え、糖尿病や動脈硬化、アルツハイマー病の予防・改善などが報告されています。

マイオカイン

マイオカインは、筋肉から分泌されるホルモンの総称です。マイオカインにはさまざまな種類があります。たとえば、マイオカインの一種であるSPARCには大腸がんを抑制する働きが報告されているほか、同じくイリシンは神経細胞を活性化する物質を分泌、さらにIL-6やIL-4等は筋肉の合成や修復に関わっており、サルコペニア(加齢による筋肉量の減少や、筋力および身体能力が低下した状態)の予防に役立つ可能性も指摘されています。

スポンサーリンク

若返りホルモンを増やす方法

先述の通り、若返りホルモンは加齢とともに減少するのですが、「生活習慣を改善する」ことで減少を食い止め、増やすことは可能です。具体的に見ていきましょう。

若返りホルモンを増やす方法①運動

若返りホルモンを増やすには、筋力トレーニングが効果的です。筋力トレーニングを行うと、筋肉の合成や修復の過程で成長ホルモンやマイオカイン等が分泌されます。特に下半身は全身の筋肉の70%を占めており、正しいトレーニングを実践することで効果が期待できます。また、ウォーキングやジョギング等でも坂道や階段を登るなど、下半身に軽い負荷をかけることでDHEAの分泌が促されます。

ただし、激しい運動や負荷をかけ過ぎた運動はストレスが増大して逆効果になる恐れもあるので注意が必要です。運動は、あくまで楽しみながら無理のない範囲で継続することが大切です。

若返りホルモンを増やす方法②睡眠

睡眠は最強のアンチエイジングです。「質の高い睡眠」は成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンの分泌は、細胞の修復や再生に加え、肌のターンオーバーの正常化も促し、若々しい肌を保つのに一役買います。

質の高い睡眠をとるための鍵を握るのが、「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンです。メラトニンの分泌量を増やすには日中に太陽の光を浴びることが大切です。太陽の光を浴びることで、「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが分泌されるのですが、陽が沈むとこのセロトニンを材料にメラトニンが分泌されるからです。また、筋トレやウォーキング、ジョギング、水泳など適度な運動もセロトニンの分泌を促します。

若返りホルモンを増やす方法③バランスのよい食事

若返りホルモンを増やすには、バランスのよい食事も大切です。
具体的には、以下の栄養素を意識しましょう。

▼タンパク質:筋肉の材料となる栄養素です。
▼アルギニン:成長ホルモン分泌に関わっているとされています。
▼ビタミンB6:アルギニンの吸収に関与しています。
▼亜鉛:性ホルモン(男性ホルモン)の分泌を促す栄養素です。
▼粘り気のあるイモ類:DHEAが含まれています。

タンパク質は肉や魚、卵、大豆、大豆製品などに多く含まれています。ビタミンB群は肉、魚、卵、レバー、野菜類などに多く含まれています。アルギニンは鶏肉や豚肉、大豆、大豆製品、かつお節、ナッツ類などに多く含まれています。亜鉛は牛赤身肉や豚レバー、牡蠣、卵などに多く含まれています。DHEAはヤムイモや自然薯、山芋、大和芋、里芋、菊芋など粘り気のあるイモ類に含まれています。

スポンサーリンク

アンチエイジングの秘訣は「焦らない」こと

最後にもう一つ、つけ加えたいのは「焦らない」ことです。

老化現象というものは基本的に、何年、何十年もの長い時間をかけて、ゆっくりと進行します。今回紹介したように、適度な運動、睡眠、バランスのよい食事などの「生活習慣を改善する」ことで、若返りホルモンの減少を食い止め、増やすことは可能ですが、だからといって短期間で簡単に若々しさを取り戻せるものではありません。「若返りホルモンを増やす方法①運動」でも触れましたが、楽しみながら無理のない範囲で継続することが大切です。時間をかけてじっくりと取り組んでいきましょう。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました