噛むトレ

ウェルビーイング

なぜ、ガムを噛む時間が長い人ほど毛髪が太いのか? 薄毛予防の可能性も――ロッテの研究成果

2021年、ロッテ(本社:東京都新宿区)は「アンチ・エイジング医学ー日本抗加齢医学会」(2021年17巻2号)にてガムの咀嚼習慣と毛髪径に関する研究論文を発表し、「ガムの咀嚼時間が長いほど、頭頂部の毛髪が有意に太い」ことを明らかにした。
ウェルビーイング

ガムを噛むことによるフェイスラインの引き締め効果を確認――ロッテの研究成果

「ガムを噛むことによる咀嚼筋などへの作用がフェイスラインの引き締めに影響する」。――2023年7月18日、ロッテ(本社:東京都新宿区)は、そんな研究成果を発表した。
ウェルビーイング

ロッテ、人生100年時代を「噛むことでサポート」するツールを開発。オーラルフレイルを予防するために

口は「食べる」「話す」「表情を作る」などさまざまな機能を有している。その中でも「食べる」ことは、栄養摂取などの生命維持に重要な役割を果たすとともに、食事を楽しむなど、人々の豊かな生活に欠かすことのできない機能である。
朝散歩で一人会議

エッセイ:ガムを噛みながらウォーキングをすると「エネルギー消費」が増加する?――ロッテと早稲田大学スポーツ科学学術院の共同研究

ロッテは、早稲田大学スポーツ科学学術院との共同研究により「ウォーキング中のガム咀嚼が時間当たりの歩行距離およびエネルギー消費を増加させる」との研究成果を公表した。
スポンサーリンク