記事内に広告が含まれています。

フレイル

ウェルビーイング

長期介護のリスク要因「サルコペニア」を予防するために必要なこと。中学・高校生期と高齢期の運動習慣が鍵を握る――順天堂大学大学院の研究成果

2023年4月17日、順天堂大学大学院の研究グループは都内在住の高齢者1,607名を対象とした調査により「中学・高校生期と高齢期の両方の時期に運動習慣がある高齢者はサルコペニアや筋機能低下のリスクが低い」との研究成果を明らかにした。
ウェルビーイング

エッセイ:運動習慣のある人は脳が4歳分若いことが判明

2023年8月10日にパナソニックグループが発表した、運動習慣についての実証および調査分析によると「運動習慣のある人は脳が4歳分若い」ことが明らかになった。実証および調査分析は、ブレインインパクトとセントラルスポーツとの共同で行われた。
ウェルビーイング

VRエクササイズにはどんな効果が期待できるのか?――新潟医療福祉大学の研究成果

10分間のVR(仮想現実環境)下で行う運動が快感情を誘発することを確認。――2022年9月29日、新潟医療福祉大学(新潟県新潟市)からそのような研究成果が公表された。
スポンサーリンク
ウェルビーイング

新型コロナ禍は人々の「スポーツライフ」にどのような影響を及ぼしたのか?――笹川スポーツ財団『スポーツライフ・データ 2022』

2023年4月5日、笹川スポーツ財団は『スポーツライフ・データ 2022』の概要を公表した。笹川スポーツ財団は、1992 年から隔年で「スポーツライフに関する調査(スポーツライフ・データ)」を実施しており、今回で30周年を迎える。
ニュース

介護を「個人の課題」から「みんなの話題」へ。「OPEN CARE PROJECT」発足――経済産業省

2023年3月16日、経済産業省は介護を「個人の課題」から「みんなの話題」へ転換することを目指すプロジェクト「OPEN CARE PROJECT」を発足した。「OPEN CARE PROJECT」では、介護当事者や介護業務従事者、メディア、クリエイター、企業など多様な主体を横断して、介護に関する話題を議論し、課題解決に向けたアクションを推進する。
ウェルビーイング

ロッテ、人生100年時代を「噛むことでサポート」するツールを開発。オーラルフレイルを予防するために

口は「食べる」「話す」「表情を作る」などさまざまな機能を有している。その中でも「食べる」ことは、栄養摂取などの生命維持に重要な役割を果たすとともに、食事を楽しむなど、人々の豊かな生活に欠かすことのできない機能である。
ウェルビーイング

春先は特に自律神経が乱れやすい時期。約6割が春先に心身の不調を感じている――森永乳業の調査報告

約6割が春先の心身の不調「春ダル」を感じている。――2023年3月14日、森永乳業が16歳から65歳までの男女1,000名を対象に実施した『春先の不調に関する実態調査』でそのような実態が浮き彫りとなった。
ウェルビーイング

フレイルのリスク要因は「運動不足」だけではない? 「コミュニケーション量の低下」や「意欲の低下」も影響――ソフトバンクの調査報告

フレイルリスクが高いシニアの約4人に1人以上が、「外出するのが億劫で、必要最低限しか出かけない」生活を送っている――2023年3月9日、ソフトバンク(本社:東京都港区)が発表した『シニア世代の健康に関する調査』でそのような実態が浮き彫りとなった。
ウェルビーイング

「筋肉・筋力が減った…」ここ2~3年間でそう感じる人は6割弱。あなたは大丈夫?――マイボイスコムの調査報告

「ここ2~3年間で自分の筋肉・筋力が減ったと感じる人は6割弱」――2023年2月27日、リサーチ会社のマイボイスコムが発表した『筋肉・筋力に関する調査』でそのような状況が浮き彫りとなった。
ニュース

認知症予防や難聴対策等で連携。豊中市とユニバーサル・サウンドデザインが協定を締結

2023年2月6日、大阪府豊中市とユニバーサル・サウンドデザイン(本社:東京都港区)は、認知症の危険因子である「難聴」についての普及啓発とともに、その早期発見と「ヒアリングフレイル」や認知症の進行に対する予防の促進を目的として、協定を締結した。
スポンサーリンク