特集:生活防衛銘柄

特集:生活防衛銘柄

光熱費や生活必需品などの価格上昇が相次ぐ中、生活防衛等の観点から中古品や格安商品の需要が高まっています。最近はリユースショップ等を運営する企業の好決算が相次いでおり、株式市場では「生活防衛銘柄」への注目も広がっています。そこで、本特集では「生活防衛銘柄」に焦点を当て、業績や株価で特に動きのあった企業や業界動向についてレポートします。

資産形成

まんだらけ、株価は上場来高値。純利益は112.5%増、インバウンド復活も追い風

2024年1月22日、東京証券取引所でまんだらけの株価が一時2,594円まで買われ、上場来高値を更新した。2023年1月25日の安値937円から1年で176.8%の上昇である。
資産形成

パルグループホールディングスの株価が上場来高値に上昇した理由

2023年11月24日、東京証券取引所でパルグループホールディングスの株価が一時2,339円まで買われ、上場来高値を更新した。今年1月5日の安値1,216円から10カ月半で92.4%の上昇である。
資産形成

ゲオホールディングス、営業利益は43.8%増。株価は年初来高値、生活防衛策としてリユース需要拡大

2023年8月23日、東京証券取引所でゲオホールディングスの株価が一時2,615円まで買われ、年初来の高値を更新した。今年3月23日の安値1,515円から5カ月で72.6%の上昇である。
資産形成

ハードオフコーポレーション、2期連続の過去最高益へ。株価は年初来高値、既存店売上は22カ月連続のプラス

2023年7月11日、東京証券取引所でハードオフコーポレーションの株価が一時1,567円まで買われ、年初来の高値を更新した。今年1月19日の安値1,188円から6カ月で31.9%の上昇である。
資産形成

コメ兵ホールディングス、今期の営業利益は過去最高の58億円へ。株価は年初来高値、ブランド・ファッション事業が絶好調

2023年5月19日、東京証券取引所でコメ兵ホールディングスの株価が一時3,825円まで買われ、年初来の高値を更新した。今年2月13日の安値2,191円から3カ月で74.6%の上昇である。
ニュース

100円ショップ業界、市場規模で1兆円突破を視野に。物価高で節約志向、アウトドア用品も好調――帝国データバンクの調査報告

2023年4月13日、帝国データバンクは「100円ショップ」業界動向調査を発表した。調査では、大手4社を中心とした国内100円ショップ市場(事業者売上高ベース)は、2022年度は前年から7.2%(約671億円)増の約9,969億円となる見込みで、1兆円にせまる規模となった。
資産形成

なぜ、買取王国の株価は10カ月で3.7倍に上昇したのか?

2023年1月16日、東京証券取引所で買取王国の株価が一時1,965円まで買われ、昨年来の高値を更新した。2022年3月8日につけた安値529円から10カ月で3.7倍に上昇した計算である。
朝散歩で一人会議

エッセイ:インフレ下の生活防衛で注目される「リユース関連銘柄」

生活防衛の観点から廉価な中古品の需要が高まっている。特に2022年の秋口以降はリユースショップ等を運営する企業の好決算が相次いでおり、株式市場では「リユース関連銘柄」に注目する動きも広がっている。
資産形成

トレジャー・ファクトリーの株価が上場来高値を更新した理由

トレジャー・ファクトリーの株価は2022年12月23日に一時2,639円まで買われ、上場来高値を更新した。今年1月21日につけた年初来安値の758円から11カ月で248.2%の上昇である。
資産形成

ブックオフ、株価は6カ月で48.5%上昇 既存店売上高は22カ月連続プラス、リユース関連銘柄としても注目

2022年12月27日、東京証券取引所でブックオフグループホールディングスの株価が一時1,411円まで買われ、年初来の高値を更新した。今年6月17日につけた年初来安値の950円から6カ月あまりで48.5%の上昇である。
スポンサーリンク