記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:大谷翔平選手の生き方から学ぶ、自分を信じることの大切さ

大谷翔平,生き方,自分を信じる AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

みなさん、こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「大谷翔平選手の生き方から学ぶ、自分を信じることの大切さ」をお届けします。

2023年の大谷翔平選手は、野球の世界一を決定するWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)にて日本代表の優勝に貢献したほか、ロサンゼルス・エンゼルスで投打にわたる二刀流で、史上初の2年連続の2ケタ勝利・2ケタ本塁打をマーク、日本人初の本塁打王も獲得し、アメリカンリーグのMVP(最優秀選手)を受賞するなど数々の偉業を成し遂げました。シーズン終盤にかけては、右肘のケガ等に悩まされましたが、そのような状況でも前向きな大谷選手の姿勢に感動し、勇気づけられ、憧れと尊敬の念を抱いている人は多いのではないでしょうか。

そんな大谷選手の生き方からは、学ぶべきことがたくさんあります。中でも特に大切な心構えの一つが、「自分を信じる」ことです。今回は「大谷翔平選手の生き方から学ぶ、自分を信じることの大切さ」をお届けします。

スポンサーリンク

自分の可能性を最大限に引き出し、成功を収めるために

大谷翔平,生き方,自分を信じる
(画像= memomin / 写真AC、La Caprese)

自分を信じることは、自分の可能性を最大限に引き出し、成功を収めるために必要なことです。あなたが自分を信じ、前向きに生きる姿に、人々は心を打たれ、勇気づけられることでしょう。そう、あなたも大谷選手のようになれる可能性を秘めているのです。

とはいえ、「自分を信じる」のは簡単なことではありません。たとえば、周囲からの批判や誹謗中傷にさらされると、自信を失って萎縮してしまうリスクを内包しています。しかし、周りから批判されないことばかり考えていると、いつのまにか「自分を信じる」ことの大切さを忘れてしまうことにもなりかねません。

「自分を信じる」ことができるかどうかは、あなたの人生を左右する大問題でもあるのです。

したがって、なによりもまず、あなたが自分を信じるために大切なのは、「周囲の声に惑わされない」ことです。では、「周囲の声に惑わされない」ためには何が必要なのでしょうか?

そのヒントは大谷選手の高校時代にあります。

スポンサーリンク

「8球団からドラフト1位で指名される」目標を掲げた高校時代

大谷翔平,生き方,自分を信じる
(画像= Canva、La Caprese)

周囲の声に惑わされないためには、「目標を明確にして、計画を立てる」ことが大切です。

たとえば、大谷選手は花巻東高校時代に「8球団からドラフト1位で指名される」との目標を掲げ、それを達成するためのマンダラチャートを作成しました。

マンダラチャートとは、目標を達成するために必要な要素や行動を視覚的に整理するフレームワークです。9×9のマス目で構成されており、中央に目標を記入し、周囲のマス目には、目標を達成するために必要な要素や行動を書き出していきます。大谷選手は、「8球団からドラフト1位で指名される」という目標を達成するための要素として、まず、①体づくり、②コントロール、③キレ、④スピード、⑤変化球、⑥メンタル、⑦人間性、⑧運……を列挙しています。

さらに、上記⑥の「メンタル」を強化するために必要なこととして、❶はっきりとした目標目的を持つ、❷一喜一憂しない、❸頭は冷静に心は熱く、❹ピンチに強い、❺雰囲気に流されない、❻波をつくらない、❼勝利への執念、❽仲間を思いやる心……をリストアップしています。大谷選手は、高校生時代にこのような目標達成シートを作成し、実践してきたのです。

目標を明確にして、それを達成するために必要な要素や行動を具体的にする(計画を立てる)ことで、自分を信じる「勇気」が湧いてきます。

それまで誰も成し遂げたことのないような目標を掲げると、周囲からの批判や誹謗中傷にさらされるリスクも否めません。大谷選手もプロ入り当初は「二刀流なんて無理」などと多くの厳しい批判にさらされました。しかしながら、当時本当の意味で、大谷選手を理解した上で批判した人が何人いたでしょうか?

世の中には、相手のことをきちんと理解せずに批判する人がいます。「いままで誰も成し遂げたことがないから」という理由で批判や誹謗中傷を繰り返す人がいます。だからこそ、自分を信じる「強いメンタル」が必要なのです。メンタルを強化するためには、目標を明確にして、それを達成するために必要な要素や行動を具体化し、実践することが求められます。そうした努力の積み重ねが、やがて周囲の声に惑わされない「強いメンタル」を築くことになるのです。

スポンサーリンク

読者のみなさんが、自分を信じ、夢や目標を叶えることを願って

大谷翔平,生き方,自分を信じる
(画像= sowaka / 写真AC、La Caprese)

さて、最後にもう一つ、付け加えておきたいのは、プロ入り当初は多くの批判にさらされた大谷選手ですが、一方で応援する人もたくさんいたことです。特に花巻東高校時代の佐々木洋監督や、北海道日本ハムファイターズ時代の栗山英樹監督は大谷選手の才能を信じ、良き理解者として支えてきました。

ちなみに、大谷選手は先に紹介したマンダラチャートで目標を達成するための要素の一つとして「応援される人間になる」も挙げています。詳細は、2023年8月6日配信の『大谷翔平選手に学ぶ、「応援される人間になる」ための5つの心構え』で解説しています。下記にリンクを貼っておきますので、参考にしてくださいね!

読者のみなさんが、自分を信じ、夢や目標を叶えることを願っております。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

あわせて読みたい!

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました