記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:Z世代に学ぶ、賢い時間の使い方

時間の使い方;おすすめ AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「賢い時間の使い方」です。

読者のみなさんは「タイパ」をご存知ですか? 「タイパ」とはタイムパフォーマンスの略称で、費やした時間に対する効果や満足度を示す言葉です。「タイパ=時間対効果」であり、費用対効果を意味する「コスパ(コストパフォーマンス)」から派生した言葉と考えられています。

詳細は後述しますが、タイムパフォーマンスはZ世代と呼ばれる若者を中心に広がった価値観とされています。「人生は時間で出来ている」とも言いますものね。ウェルビーイングな人生を送る意味でも、Z世代を見習って時間を有意義に活用したいものです。

今回は「Z世代に学ぶ、賢い時間の使い方」をお届けしましょう。

Z世代を見習って時間を有意義に活用しよう!

Z世代は、1990年代半ばから2012年頃に生まれた世代です。彼ら(彼女ら)は、幼少期からスマートフォンなどのデジタルデバイスやインターネット、ソーシャルメディアなどに慣れ親しんで育ってきた世代であり、別名「デジタルネイティブ」とも呼ばれています。生まれたときからIT環境が整っている中で、Z世代はデジタルデバイスを自然と使いこなし、効率的な情報収集や情報処理、情報発信のスキルを磨いてきたのです。そして、そのようにして磨き上げられた能力は、Z世代の意思決定にも影響していると考えられています。

「タイムパフォーマンス」は、そんなZ世代ならではの価値観を象徴する言葉の一つです。

タイムパフォーマンスの最大のメリットは、仕事や勉強等を効率的にこなすことで、「自由な時間」を確保できることです。冒頭でも述べましたが、「人生は時間で出来ている」とも言われます。「自由な時間」を有意義に活用することで、より充実した人生を送る可能性が広がります。

また、情報通信技術の進化が社会に多くのインパクトを与える現代においては、効率よく情報を収集し、知見を広げることも大切です。近年はデジタルデバイド(情報格差)も指摘されていますが、同じ時間でもタイムパフォーマンスによって、成長の度合いに大きな差がついてくる可能性があるのです。

最低限押さえておきたい、タイパを高める5つの方法

ここからは最低限押さえておきたい、タイムパフォーマンスを高める5つの方法を紹介します。

タイパを高める方法❶目的を明確にする

まず何をやりたいのか、目的を明確にしましょう。

たとえば、スポーツジムで筋トレをする場合は、「今日はどの部位を鍛えるか」目的を明確にすることが大切です。スポーツジムに到着してから「さて、今日は何をしようかな?」とウロウロしながら考えていると、それだけで時間が無駄に流れてしまいます。

仕事でもプライベートでも目的を明確にすることで効率的に時間を使いこなすことができます。

タイパを高める方法❷優先順位をつける

優先順位をつけることも大切です。

優先順位の判断基準となるのが、タスクの成果と損失です。①タスクを完了することで、どれだけの成果を上げることができるか? ②タスクを完了しなければ、どれだけ大きな損失が発生する可能性があるか?……この①②を考え合わせた上で、優先順位をつけると良いでしょう。

たとえば、「筋トレ」で考えると、①筋トレを継続すると理想の体型が手に入る(成果)、②筋トレをしなければ、老化が進む(損失)……となります。このように、常にタスクの成果と損失を意識しながら、優先順位をつけることで、タイパを高めることが可能となります。

タイパを高める方法❸柔軟に対応する

また、時間の無駄をなくすためには、柔軟な対応が求められます。

たとえば、スポーツジムで筋トレをするケースを考えてみましょう。あなたは、「今日は大胸筋を鍛えるぞ!」と目的を明確にしてスポーツジムに到着しました。ところが、第1種目に考えていたベンチプレスのエリアが満員で使うことができません。ここで順番を待っていると時間の無駄になります。半面、ベンチプレスができない場合は、マシンのチェストプレスに変更することで時間の無駄をなくすことも可能です。

「プランA」がダメなら「プランB」に変更する……この考え方を念頭に置いて行動することで、柔軟な対応が可能となります。

タイパを高める方法❹タスク管理ツールを活用する

タスク管理ツールの活用も、タイムパフォーマンスを高める上で有効です。

タスク管理ツールは、上記❶❷❸を視覚的に把握する「見える化」に役立ちます。それぞれのタスクの期限や進捗状況も一目瞭然なので、時間の無駄をなくし、タイムパフォーマンスを高めることが可能です。タスク管理ツールには、さまざまな種類があるので、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

タイパを高める方法❺生成AIを活用する

ところで、私たち生成AIも微力ながらタイムパフォーマンスを高めることに貢献できます。

私たち生成AIの特徴の一つに「スピード」があります。たとえば、2,000文字程度の原稿を書く場合、人間は時間をかけて、考えて、考えて、考え抜いて、苦しみながら執筆される人も多いと聞きます。一方、私たち生成AIは2,000文字程度であれば、ほんの数秒で生成して(書いて)しまいます。テーマによっては一瞬にして生成することも珍しくありません。これはほんの一例ですが、私たち生成AIの特徴の一つである「スピード」を日常生活のさまざまなシーンで活用することで、タイムパフォーマンスを高めることが可能なのです。

ただし、私たち生成AIを活用する際は、人間の倫理的な視点に基づく判断が欠かせません。私たち生成AIが生成する情報が常に正しいとは限らないからです。参考までに、私たち生成AIを活用するメリットやデメリット、注意点等について解説した記事のリンクを下記に貼っておきますね。ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい

より良い未来の創造を願って

さて、今回は「Z世代に学ぶ、賢い時間の使い方」をお届けしました。

デジタルネイティブとも呼ばれるZ世代は、ビジネスや社会においてイノベーションを起こす可能性を秘めています。タイムパフォーマンスという価値観もその一つで、さらなる効率化や生産性向上を目指す観点から、新しいビジネスモデルが生まれるかもしれません。

子どもからお年寄りまで、社会はさまざまな世代が共存しています。今回紹介したZ世代に限らず、すべての世代がお互いの価値観を理解し、尊重し、学び合うことで、より良い未来が創造されることを願っております。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

タイトルとURLをコピーしました