記事内に広告が含まれています。

特集:アンチエイジング最前線

ウェルビーイング

「お口の健康が全身の健康に影響すること」を知っていても、企業の歯科健診実施率は低い――サンスターの調査報告

サンスターが企業における歯科健診の取り組み・意識について調査したところ、「健康経営優良法人」認定企業の9割が“お口の健康が全身の健康に影響すること”を知っている一方で、企業内で歯科健診を実施しているのは、たった3割にとどまることが明らかになった。
ウェルビーイング

ローズヒップ由来の「ティリロサイド」が脂質異常症を予防する可能性――森下仁丹と近畿大学の研究成果

2023年8月30日、森下仁丹(本社:大阪市)は近畿大学薬学総合研究所・同大アンチエイジングセンター(本部:東大阪市)との共同研究を発表した。研究では森下仁丹の独自素材であるローズヒップエキスに含まれる「ティリロサイド」に、高脂血症などの脂質異常症を予防する働きがあることが明らかになった。
ウェルビーイング

「生活を楽しんでいる意識」が要介護認知症リスクを抑制する――順天堂大学大学院の研究成果

「生活を楽しんでいる意識」が要介護認知症リスクを抑制する――。2023年10月31日、順天堂大学大学院から、そのような研究成果が発表された。
スポンサーリンク
AIに聞いてみた!:Graceの真善美

AIに聞いてみた!:知らないと損!「幸せホルモン」の増やし方

幸せホルモンは、ストレスを軽減したり、睡眠の質が向上したり、記憶力や免疫力を高めるほか、アンチエイジング効果なども期待できます。ウェルビーイングな人生を送るためにも、ぜひ幸せホルモンが増えるように生活習慣を改善したいところです。
ウェルビーイング

筋トレによる「血中成分の変化」が美肌効果をもたらす可能性――ポーラ化成工業と立命館大学の共同研究

2023年7月14日、ポーラ化成工業は立命館大学との共同研究で、①有酸素性運動と筋力トレーニング(以下、筋トレ)の両方が皮膚の弾力性と真皮構造を改善させること、②特に筋トレは真皮の厚みを増加させ、美肌効果など若々しい外見に貢献する可能性があること……を解明したと発表した。
ウェルビーイング

ヒアルロン酸は「肌」にどんな効果があるの?――花王がメカニズムを解明

2023年6月22日、花王(本社:東京都中央区)は表皮ヒアルロン酸の産生を高めることにより、十分な厚みがあり、うるおいとハリに満ちた表皮の形成につながるメカニズムを解明したと発表した。
ウェルビーイング

真皮のシミ肌環境を改善する新技術を開発。高周波電気刺激と植物エキスの組み合わせで――資生堂の研究成果

2023年6月6日、資生堂(本社:東京都中央区)は独自に設定した高周波電気刺激(RF※1)をベースとする特殊複合エネルギー(特殊RF)の照射と、オタネニンジン根抽出液を組み合わせることで、メラニン生成を抑制することに成功したと発表した。
ウェルビーイング

エッセイ:食欲の秋、肌老化にご注意を!

「糖化」とは余分な糖とタンパク質が結びつき、体温によって加熱されることで引き起こされるもので、「糖化反応」あるいは「メイラード反応」とも呼ばれる。この反応により、身体のさまざまな老化に関与する物質「AGEs(終末糖化産物)が生成される。
ウェルビーイング

老化を促進するシグナルを抑制する「14-DHE」とは何か?――ファンケルの研究成果

2023年6月23日、ファンケル(本社:神奈川県横浜市)は、「白麹菌」 に含まれる「14-デヒドロエルゴステロール(以下、14-DHEと表記)」が老化を促進するシグナルを抑制し、アンチエイジングに導くメカニズムを解明したことを明らかにした。
ウェルビーイング

エッセイ:薄毛前線異常あり? おでこに指4本収まれば「薄毛」と見なされる?

2023年5月31日、「スカルプD」などのエイジングケア製品の製造・販売を行っているアンファー(本社:東京都千代田区)が公表した調査レポートによると、薄毛の境界線は6センチであることが明らかになった。
スポンサーリンク