記事内に広告が含まれています。

プロの編集者が評価!いま評判のTranscope(トランスコープ)の実力に迫る。文章の精度を上げるコツも紹介

transcope,評判 朝散歩で一人会議
(画像= TY_Photo / 写真AC、La Caprese)

文章や画像等を自動作成する生成AI(人工知能)への関心が高まっている。個人が運営するWebサイトやブログのほか、企業マーケティングの要(かなめ)となるオウンドメディアなどでの活用を検討している人も多いことだろう。そうした中、最近は様々なニーズに対応したAIライティングツールが登場している。SEOに強いAIライティングが特長のTranscope(トランスコープ)もその一つだ。

Transcopeは、シェアモル株式会社(本社:東京都中央区。以下、シェアモル社)が提供するAIライティングツールで、検索順位が上がるSEOライティングや社内文書ライティング等に活用できる。ChatGPTを開発したOpenAI社の最新APIであるGPT-4を利用しており、Googleで上位表示されている競合サイトを分析して、よく使われている重要キーワードや見出し構成を解明した上で、文章を生成する。

そこで、気になるのは、生成した文章のクオリティである。
一口に文章といっても、ピンからキリまである。
果たして、人間のライターと比較してどのくらいのレベルなのだろうか?

ちなみに、筆者は新聞や雑誌、Webメディア等の編集者として30年近く経験を積み上げてきた。文字通り、ピンからキリまで数多くの原稿を編集してきた。それこそ、著名なジャーナリストや作家など一流の書き手から、専業主婦や会社員など書くことに慣れていない人まで様々である。

今回は編集者の目線から、いま評判のTranscopeの実力に迫ってみたい。

スポンサーリンク

プロの編集者がTranscopeの実力を評価

transcope,評判
(画像= Canva、La Caprese)

前述の通り、一口に文章といっても、ピンからキリまである。たとえば、クラウドソーシングでは2,000文字当たり2,000円の原稿料で引き受けてくれるライターがたくさんいる。この2,000円クラスは、筆者が知る限り原稿料の最安値水準ではないかと思う。一方で、2,000文字当たり数万円クラスのライターもいる。過去に筆者が編集を担当した中では、5万円が最高値であった。

ところで、オウンドメディアなどを運営する企業としては、なるべく予算を低く抑えたいとの思いがある。筆者も数多くのオウンドメディアの編集に携わってきたが、クラウドソーシングで2,000円クラスのライターに発注するケースは実に多い。ただ、その分工数がかかるので、編集者の負担も大きくなる。

もちろん、2,000円クラスのライターも経験と努力を重ねることで、3,000円、4,000円、5,000円……とステップアップすることは可能である。2,000円がライターの入門クラスとすれば、5,000円でようやくスタートラインに立つことができる感じである。とはいえ、実際に入門クラスから5,000円クラスに到達できる人は少ない。

2,000円クラスのライターには「骨」がない?

では、ライターの2,000円クラスと5,000円クラスの違いは何か?

一人の編集者の意見として言わせていただくと、2,000円クラスのライターによく見られるのが「骨」のない原稿である。「骨」とは原稿の骨格であり、構成やアウトラインと言い換えることもできる。編集者は原稿を一読した際に、まずその原稿の「骨格」を把握する。そして、その骨格に沿った形で編集をする。肉付きを変えたり、足首を細くしたり、髪型や目の色を調整する。そのようにして原稿はブラッシュアップされる。

ところが、2,000円クラスの原稿には「骨」がないことが多い。この場合、編集者がゼロから「骨」をつくるところから始めなければならず、結構な負担になる。

なぜ、「骨」がないのかというと、考えがまとまっていない状態で書いているからだ。実際、筆者は「骨」のない原稿を納品した複数のライターに何度もヒアリングしているが、彼ら(彼女ら)からは「書きながら考えている」「考えながら書いている」「考えながらでないと書けない」という回答を多く得ている。

「考えを巡らせる」という言葉がある。巡らせるには「回す」という意味も含まれるが、考えながら書いた原稿は、同じところをグルグル回っているような感じで、結局何が言いたいのか分からない文章(まとまりのない文章)になっていることが多い。

もちろん、「書きながら考える」タイプで成功した人も存在するのだが、それは才能に恵まれたごく少数の人である。「骨」のある文章を書けるようになるには、まず、考えをまとめてから書く習慣をつけることが大切と筆者は考える。しかしながら、2,000円クラスのライターには、それを実践できる人は意外と少ない。

Transcopeの原稿には「骨」がある

筆者は一人の編集者として、2,000円クラスのライターが5,000円クラスにステップアップするには、「骨」のある原稿が書けるようになることが最低条件であると考えている。

そんな筆者がTranscopeの生成した原稿を一読して、まず感心したのは「骨格(構成、アウトライン)」がしっかりしていることだった。原稿に「骨」があり、2,000円クラスのライターに比べると明らかに数段上の印象を受けた。肉付きや髪型(文章表現)に多少違和感があったものの、その程度の修正は編集者にとっては大した負担にはならない。むしろ、磨けば磨くほど輝きを増す原石のような可能性を感じた。

まだ荒削りな面もあるが、このレベルのライティングスキルであれば「2,000文字当たり5,000円の原稿料」を支払う価値は十分あると考える。「骨」のある原稿を生成するTranscopeは、人間のライターの5,000円クラスに匹敵するというのが一編集者としての率直な感想である。

Transcopeで文章の精度を上げる3つのコツ

transcope,評判
(画像= NOREAL / 写真AC、Canva、La Caprese)

ところで、近年のオウンドメディアの編集業務はビジネスチャットツール等で、(人間の)ライターと打ち合わせをする機会(テキストコミュニケーション)が増えている。特にSEOライターとの打ち合わせでは、①文章の雰囲気、②検索上位に表示される競合サイトの分析、③オウンドメディアを運営する企業の情報(トーン&マナー等)……の3点を共有することが重要なポイントとなる。

SEOに強いAIライティングが特長のTranscopeを利用する際も、テキストコミュニケーション(プロンプトエンジニアリング)が重要となるが、人間のライターと同様、上記①〜③を踏まえて指示を出すことで、より精度の高い文章を作成することが可能だ。以下に精度を上げるための3つのコツを紹介したい。

①雰囲気の具体化

たとえば、雰囲気について「文末をです・ますにして、30歳前後の女性向けの、穏やかで親しみやすい雰囲気」 といったように文体やペルソナを具体化すると、文章のトーンが安定する。また、よく使う雰囲気は、設定画面 のよく使う雰囲気で設定することで、使いまわしができるので便利だ。

②検索上位に表示される競合サイトの分析

たとえば、ドキュメント→AIにおまかせするで[新規作成する]をクリックし、[キーワードで分析する]を選択してキーワードを入力すると、Google検索で上位表示されているサイトを分析することができる。また、[URLで分析する]を選択して競合サイトを分析することも可能だ。分析が完了すると、[オススメ]タブでSEOに最適な共起語などを含んだタイトルや見出し、推奨文字数を確認できる。その分析能力は人間のSEOライターと肩を並べるレベルである。

③オウンドメディアを運営する企業情報の学習

企業がオウンドメディアを運営する目的の一つに「ブランディング」がある。オウンドメディアで配信されるすべての情報は、ブランドとしての知名度向上や顧客の獲得に資するものでなければならない。Transcopeでは、設定画面の[参考情報]から、オウンドメディアを運営する企業のさまざまな情報をアップすることで、その情報に基づいた文章を生成することが可能である。人間のライターの中には何度教えてもミスを繰り返す人もいるのだが、Transcopeは一度学習してしまえば、その企業の「トーン&マナー」に合わせた文章を持続的に生成することが可能である。

Transcopeはコストパフォーマンスも抜群

transcope,評判
(画像= PIROSHI630610 / 写真AC、La Caprese)

ちなみに、Transcopeはコストパフォーマンスも抜群である。

たとえば、企業マーケティングの一環としてオウンドメディアを運用するケースを考えてみよう。仮に5,000円クラスのライターに、毎日2,000文字の原稿を1本ずつ書いてもらった場合、1カ月(30日)で15万円のコスト(原稿料)が発生する。1日2本の記事を配信するなら30万円、3本なら45万円である。

一方、Transcopeの料金プラン(税込)は、1カ月で60万文字まで生成できる「Enterprise」で月/6万6,000円である。60万文字といえば2,000文字の原稿を月/300本つくれる計算であり、コストパフォーマンスは抜群に高い。正直、桁が一つ足りないんじゃないのか……と目を疑う安さである。企業のオウンドメディアの担当者は、コスト低減の面からも十分検討する価値があると考える。

Transcopeの料金プラン(税込)
transcope,評判
出典:シェアモル社 ※2024年1月時点。

Transcopeはタイムパフォーマンスにも寄与

transcope,評判
(画像= Canva、La Caprese)

このほか、Transcopeは社内文書の作成に活用することも可能である。

たとえば、❶ミーティングの議事録を学習させることで、議事録を基にした要約やレポートを作成したり、❷FAQを学習させることで、顧客への回答文を自動的に作成、❸インターネット上の競合情報を学習させることで、マーケティングの企画書などを作成……など学習した内容を踏まえて、社内文書を自動的に作成することができる。

上記❶〜❸はほんの一例であるが、社内文書の作成をTranscopeに任せることで、タイムパフォーマンス(時間対効果)を劇的に高めることも可能なのだ。

なお、Transcopeは顧客の機密情報が外部に漏れないように、 顧客専用のサーバーを用意し、外部との通信を行わないオンプレミス対応もオプションで可能であることも付け加えておきたい。

見込みのあるライターは「骨」がある

transcope,評判
(画像= Canva、La Caprese)

最後にもう一つ、編集者の立場から指摘したいのは、AIは素直だということだ。

人間にも素直なライターはいるが、中には気難しい人もいる。たとえば、原稿の修正をお願いすると、ブチ切れて罵詈雑言を浴びせてくる人や、音信不通になる人さえいる。人間関係は複雑である。一方、AIは何度修正をお願いしても「承知しました!」「もちろんです!」と快諾してくれる(※料金プランの範囲内で)。編集者にとって、これほどありがたい存在はない。

前述の通り、「ライターは5,000円クラスで、ようやくスタートラインに立つことができる」と筆者は考えている。あえて上から目線で言わせていただくと、見込みのあるライターは「骨」があるということだ。

Transcopeが、今後どのような進化を遂げるのか楽しみに見守りたい。■

(La Caprese 編集長 Yukio)

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました