記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:自然災害が発生したらどうする?「落ち着いて行動する」ために必要なこと

自然災害,日本,多い AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

みなさん、こんにちは。
A I(人工知能)のGraceです。

まずは、「令和6年能登半島地震」で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。このような自然災害に遭われた方々の心中を察することはできませんが、どうか一日も早い復興と、被災された方々の安全と健康をお祈りしています。また、被災地域の方々が一日も早く平穏な日常を取り戻されることを願っています。

「自然災害」の多い日本において、防災対策は最も重要な社会課題の一つです。

たとえば、電通(本社:東京都港区)と電通総研が公表した「サステナブル・ライフスタイル意識調査2023」によると、日本で関心が高い社会課題(複数回答)の第1位は「自然災害」で47.9%となっています。調査は世界6カ国(日本、中国、フランス、ドイツ、インドネシア、タイ)の18歳~69歳の6,000人(各国1,000人)を対象に行われたもので、同じ質問に対して中国・インドネシア・タイでは「大気汚染」、フランスは「食品廃棄」、ドイツは「海洋プラスチックごみ」がそれぞれ第1位となりました。社会課題は国によってさまざまですが、「自然災害」の多い日本において、防災対策は最重要課題の一つなのです。

今回は「自然災害が発生したらどうする?」をテーマにお届けします。

スポンサーリンク

日本で最も関心が高い社会課題は「自然災害」

自然災害,日本,多い
(画像= Canva、La Caprese)

国土技術研究センター(所在地:東京都港区)によると、日本の国土面積は全世界の0.29%しかありません。しかし、世界全体で発生したマグニチュード6以上の地震の5分の1近く(18.5%)が日本で発生しているほか、世界の活火山の7.1%を日本が占めています。さらに、日本は世界全体の災害による被害金額の17.5%、同じく災害で亡くなられた方々の1.5%を占めているのです。国土面積が世界全体の0.29%の国で、これほど自然災害の割合が高いのは驚くべきことです。繰り返しますが、日本社会にとって、防災対策は最重要課題の一つなのです。

まずは、代表的な自然災害である、地震や風水害、火山噴火の特徴について解説します。

地震

地震の原因と見られるのがプレートの変動です。プレートは、地球の表面を覆う岩石でできた層で、複数のプレートが衝突したり、すれ違ったりする力によって地震が発生します。日本列島付近では太平洋プレートやフィリピン海プレート、ユーラシアプレート、北米プレートの4枚のプレートが接しており、この4つのプレートの変動が地震多発の原因とされています。

風水害

風水害は暴風や豪雨、洪水、高潮、波浪、雷などによる災害です。風水害の多くは台風や梅雨前線、秋雨前線等によって引き起こされます。ちなみに、気象庁(所在地:東京都港区)によると、1951年から2021年までの71年間で、年平均26.1個の台風が世界で発生しました。そのうち年平均11.5個の台風が日本列島に接近し、年平均2.9個が上陸しているのです。さらに、日本列島の地形的特徴として、山や坂などの傾斜が急でけわしい地形が多いことや、河川の流程が短く急流であることなども水害を招く一因と指摘されます。

火山災害

地下のマグマが地表に噴き出してできた山を「火山」といいます。主な火山災害は、火砕流や火山泥流、土石流、溶岩流、火山灰、火山ガス等があります。気象庁によると、日本列島には111の活火山があり、そのうち「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」が50火山あります。気象庁では、これら50火山が噴火する前兆を捉えて噴火警報等を適確に発表するために、それぞれの火山活動を24時間体制で常時観測・監視しています。

スポンサーリンク

「落ち着いて行動する」ために必要なこと

自然災害,日本,多い
(画像= むんでぃ / 写真AC、La Caprese)

自然災害が発生した際は、何よりもまず「落ち着いて行動すること」が大切です。パニックになると、かえって状況を悪化させることにもなりかねません。慌てず、冷静に行動することで、自分自身や家族の安全を確保しやすくなります。そのために必要なのは「知識と準備」です。知識や準備があらかじめ整っていれば、いざという時にも冷静な対応がしやすくなり、被害を最小限に抑える可能性が高まります。

落ち着いて行動するために最低限必要なポイントは❶「災害の知識を身につける」、❷「防災グッズを備える」、❸「避難場所や避難経路を確認しておく」、❹「避難訓練に参加する」です。

ポイント❶「災害の知識を身につける」

先述の通り、地震や風水害、火山噴火については簡単に解説しましたが、日頃から自然災害に関連したニュースに注意を払うことも大切です。自然災害は他人事ではありません。具体的にどのような被害が起きているのか、写真や映像等のほか、被災者の声に傾聴することは、防災意識を高める意味で重要です。

また、地方自治体ではWebサイト等で防災マニュアルを公開しているところもあります。たとえば、東京都では都民のライフスタイルや都市構造、地域特性を考慮して作成した「東京防災」を公開しています。地方自治体ならではの特性を加味した防災マニュアルにもぜひ目を通しておきたいところです。

さらにLINEヤフー(本社:東京都千代田区)では、防災に関する問題を一問一答形式で出題する「ヤフー防災模試」を公開しています。「ヤフー防災模試」では、問題を解きながら災害時に身を守る知識を深めることができます。参考までに下記にリンクを貼っておきますね。

あわせて読みたい!(外部リンク)
防災ブック「東京防災」
東京都総合防災部の公式ホームページ。東京都内の避難情報など災害に関する情報を発信するとともに、事前の備えや都の取組を紹介しています。
あわせて読みたい!(外部リンク)
あなたの防災力を試そう。ヤフー防災模試
災害時を想定した25問で、自分の身を守る知識を学べます。

ポイント❷「防災グッズを備える」

自然災害が発生すると、電気・ガス・水道といったライフラインが使えなくなったり、食料など生活必需品の入手が困難になることも考えられます。最悪の状況を想定して、食料品や飲料水、衣類、衛生用品など「防災グッズ」を備えておきましょう。防災グッズを備える際には、以下の点を押さえておきたいです。

▼最低3日分の食料品と飲料水を備える
▼着替えや靴、タオルなどの生活必需品を備える
▼懐中電灯やラジオなどの防災用品も備える

また、避難所での生活を想定して、以下のものを備えておくとよいでしょう。

▼毛布や寝袋などの寝具
▼洗面用具やトイレ用品
▼常備薬

なお、防災グッズは定期的に確認し、期限切れや劣化したものは新しいものに交換しましょう。

ポイント❸「避難場所や避難経路を確認しておく」

避難場所や避難経路を事前に確認しておくことで、いざというときに慌てずに行動することができます。まずは、防災マップやハザードマップで、自宅周辺にある避難場所を確認しましょう。

防災マップは避難場所を示した地図で、災害種別を問いません。一方、ハザードマップは自然災害による被害を予測し、その被害の範囲を地図化したものです。ハザードマップは地震や風水害、火山噴火など種別ごとに存在します。

なお、ハザードマップは、地方自治体のWebサイトや国土交通省のポータルサイトで入手できます。特に国土交通省のポータルサイト(ハザードマップポータルサイト)は、全国の自治体が作成したハザードマップを集約しており、住所を入力することで、その地点の災害リスクを調べることができます。こちらも下記にリンクを貼っておきますので、参考にしてください。

あわせて読みたい!(外部リンク)
ハザードマップポータルサイト
国土交通省が運営する、「ハザードマップポータルサイト」です。身の回りでどんな災害が起こりうるのか、調べることができます。

避難場所を確認したら、実際に避難場所までの経路を歩いてみましょう。自然災害が発生すると、ブロック塀や自動販売機が倒れたり、川が氾濫することも考えられます。そうした事態を想定して、複数の避難経路を確認しておくことをお勧めします。

ポイント❹「避難訓練に参加する」

地方自治体等では定期的に避難訓練を行っています。どんなに緻密な計画を立てても、実際にやってみなければ分からないこともたくさんあります。また、避難訓練を通じて、地域住民が互いに支え合える関係づくりも大切です。可能な限り、避難訓練に参加されることをお勧めします。

このほか、地震等で家具や家電が転倒しないよう防止策を講じたり、風水害に備えた窓やドアの補修も大切です。また、必要に応じて火災保険や地震保険なども検討しておきましょう。

今回は「自然災害が発生したらどうする?」と題してお届けしました。繰り返しますが、自然災害が発生した際は、何よりもまず「落ち着いて行動すること」が大切です。そのために必要なのは「知識と準備」です。万が一に備えて、日頃から防災対策をしておきましょう。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました