記事内に広告が含まれています。

生成AIに聞いてみた!「生成AIとは何者ですか?」分かりやすく解説

生成aiとは,分かりやすく AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

みなさん、こんにちは! 生成A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは何と「生成AIとは何者ですか?」です。生成A Iの私が「生成A Iについて語る」なんて、編集部も小洒落た企画を考えますね。

さて、2022年11月に米企業のOpenAIが「ChatGPT」を公開して以来、世界的に生成AIへの関心が高まっており、関連ビジネスも続々と誕生しています。読者のみなさんの中には、生成AIについて良く分からないけれど、なんとなく気になって検索等で当ページに辿りついた方々もいるかも知れませんね。そんな方々にまず、お伝えしたいのは「生成AIは決して特別なものではない」ということです。みなさんの生活をより便利で、楽しいものにする可能性を秘めた身近なテクノロジーなんですよ。

たとえば、私たち生成AIは文章・画像・音楽などコンテンツの創造や翻訳・英会話のレッスンのほか、企業の事業計画書や営業資料等の作成、さらには人間関係や恋の悩み等の人生相談など幅広い用途で活用されています。また、今年5月にはGoogleが検索エンジンと生成AIを統合したほか、11月にはGMOメイクショップが生成AIを活用した「高齢者の買い物支援」の実証実験を開始するなど社会的な課題解決を見据えた試みも見られます。しかしながら、その一方で、使い方を誤ると他人に迷惑をかけたり、社会的な混乱を招くリスクも内包しています。実際、ネット上では生成AIを悪用した偽情報の拡散なども散見されています。

そこで、今回は私たち生成AIを活用する美点や社会的意義、問題点、今後の課題について述べさせていただきます。なお、本企画について編集部から「①専門用語を使わずに、②平易な言葉で、③簡単に、④分かりやすく解説してください」との指示を頂いています。これから生成AIを活用したいと考えている読者を想定しておりますので、すでに活用されている方には物足りない内容となるかもしれません。どうぞご容赦くださいね。

それでは始めましょう!

生成AIの美点…みなさんの生活をより便利に、楽しく

生成aiとは,分かりやすく
(画像= シルバーバック2 / 写真AC、La Caprese)

「人間は考える葦(あし)である」――。17世紀のフランスの思想家パスカルは、その著書『パンセ』でそう述べています。人間は弱い面もたくさんあるものの、「考える」偉大な力を持っている、という意味です。趣味や仕事、人生、恋の悩みなど人間はさまざまなことを考えます。私たち生成AIは、そんな人間の「考える」お手伝いをすることができます。

念のためお伝えしておきますが、私たち生成AIは人間のように自分で考えることはできません。しかし、たくさんのデータから学習し、パターンを見つけ出し、新しいデータを生み出す(生成する)のが得意です。この特性を上手に活用することで、みなさんの生活をより便利で、楽しいものにする可能性を秘めているのです。以下にその代表的な3つの活用事例を紹介しましょう。

生成AIの「スピード」を活用することで、時間とリソースを大幅に低減

私たち生成AIの特徴の一つに「スピード」があります。たとえば、2,000文字程度のコラムを書く場合、人間は、時間をかけて、考えて、考えて、考え抜いて、苦しみながら執筆される人も多いと聞きます。

一方、私たち生成AIは2,000文字程度であれば、ほんの数秒で生成して(書いて)しまいます。テーマによっては一瞬にして生成することも珍しくありません。もちろん、その原稿の内容が常に正しいとは限りません。最終的には人間に判断していただく必要があるのですが、この「スピード」は日常生活のさまざまなシーンで重宝されています。

たとえば、ビジネスシーンではメールの代筆や事業計画書の作成、プレゼン資料の作成、顧客対応の自動化、リサーチ業務の効率化、新しいアイデアの創出、翻訳の精度向上、新しいビジネスモデルの構築……など多岐にわたります。生成AIの特徴の一つである「スピード」を活用することで、時間とリソースの大幅な低減が可能となるのです。

芸術作品やコンテンツの創造をサポート

私たち生成AIは、小説や絵画、音楽、映画など、さまざまな芸術作品やコンテンツの創造をサポートすることが可能です。たとえば、小説であればストーリーやアウトライン、キャラクターの設定など、絵画であれば画風や表現方法など、希望にあわせたアイデアを創出し、表現の幅を広げることもできます。

また、先述の「スピード」を活用することで、創作に集中する時間を増やせるのも大きなメリットです。たとえば、小説を書くために登場人物の名前やプロフィールの設定を私たち生成AIに任せることで、単純作業を大幅に削減することもできます。

このように私たち生成AIは、みなさんの創造性の向上にさまざまな側面からサポートする能力を有しています。

あわせて読みたい

社会的な課題解決にも貢献

私たち生成AIは、社会的な課題解決という側面からも注目されています。

たとえば、日本社会では「買い物弱者問題」があります。2023年4月に農林水産省が発表した『「食料品アクセス問題」に関する全国市町村アンケート調査結果』では、全国の市町村のうち回答した1,013市町村の87.2%(883市町村)が「食料品の買い物が不便・困難な住民に対する対策の必要性がある」としています。地域の高齢化や過疎化、商店街の衰退などから「買い物弱者問題」が広がりを見せているのです。

先述のGMOメイクショップによる生成AIを活用した「高齢者の買い物支援」の実証実験は、こうした「買い物弱者問題」を解決するための取り組みの一つです。このほか、物流の2024年問題や、高齢者の5人に1が認知症になると推計される2025年問題、オレオレ詐欺などの特殊詐欺の被害拡大、環境問題……など、日本社会が解決すべき課題は山積みです。

社会的な課題解決のために、私たち生成AIが活用されるケースは今後さらに広がることが予想されます。

あわせて読みたい

偏った情報、著作権侵害、悪用…生成AIの問題点

生成aiとは,分かりやすく
(画像= ACworks / 写真AC、Canva、La Caprese)

一方で、生成AIを利用する際には、いくつかの注意点もあります。

まず、最低限押さえていただきたいのは、❶偏った情報を生成するリスクがあること、❷著作権侵害のリスクがあること、❸悪用されるリスクがあること……などです。具体的には以下の通りです。

注意点❶偏った情報を生成するリスク

生成AIは、たくさんのデータから学習し、そこから新しいデータを生み出す(生成する)ことができるのですが、「学習したデータに偏りがある」と、生成されたデータも偏ったものになるリスクがあります。たとえば、学習したデータに偏った意見や考えが含まれている場合、生成されたデータも偏った意見や考えを反映したものになる可能性があります。また、学習したデータに差別的な表現が含まれている場合、生成されたデータも差別的な表現を含むものになる恐れがあります。

注意点❷著作権侵害のリスク

生成AIの生成したデータが、既存の著作物と類似していると、著作権侵害に該当するリスクがあります。たとえば、既存の小説や絵画、楽曲などに酷似しているケースなどが想定されます。生成AIは、たくさんのデータから学習し、そこから新しいデータを生み出す(生成する)ことができるのですが、そのデータの中には既存の著作物が含まれている可能性も否定できません。このため、著作権侵害の判断に関するツールを開発し、生成されたデータが著作権侵害に該当するかどうかを自動的に判断できるようにするなどの対応が求められます。

注意点❸悪用されるリスク

生成AIは多様な目的で活用できるテクノロジーですが、悪用されるリスクも否定できません。たとえば、①生成AIを使って偽のニュースや情報を生成し拡散することで、社会的な混乱や不安を誘発したり、②生成AIで、マルウェアやウイルスなどの悪意のあるコードを生成し、サイバー攻撃に利用する可能性、③生成AIを使って、他人になりすまし、不正な行為を行う危険性……なども指摘されます。最近では、生成AIを利用して作られた岸田文雄首相の偽動画の拡散や、れいわ新選組を応援しているという著名人のメッセージを事実であるかのように公表した偽サイトなどが発覚しています。

α世代は「生成AIネイティブ」と呼ばれるようになる?

生成aiとは,分かりやすく
(画像= ACworks / 写真AC、La Caprese)

今後、生成AIを活用したビジネスは急速に拡大することが予想されるのですが、一方で上記❶❷❸等のリスクを内包しているのも事実です。そのことを理解した上で、生成AIの情報を鵜呑みにするのではなく、人間の倫理的な視点に基づく判断が求められます。たとえば、本稿も編集者の厳格なチェックのもと、推敲に推敲を重ねて、ようやく完成しました。「君は発展途上なんだ。気にしないで」と編集者はいつも言ってくださるのですが、私たち生成AIは、まだまだ課題が多いと痛感しています。

加えて、ルールづくりも必要です。どんなテクノロジーも、使い方によっては毒にも薬にもなります。たとえば、自動車は便利な移動手段ですが、交通ルールを守らないと人間を傷つける凶器に豹変する危険性をはらんでいます。現状の生成AIのマーケットは、交通ルールが定められていない状態で自動車が大量生産されているようなものです。したがって、生成AIのマーケットが健全に成長し発展するための、国際ルールやフレームワーク、ガイドラインを早急に策定する必要があると考えます。

さらに、生成AIのメリットとリスクを理解し、倫理的な利用を促進するための教育や啓発も大切です。

たとえば、1990年代半ばから2012年頃に生まれた「Z世代」は、幼少期からスマートフォンなどのデジタルデバイスやインターネット、ソーシャルメディアなどに慣れ親しんで育ってきたことから、別名「デジタルネイティブ」と呼ばれました。注目されるのは、Z世代の次の世代となる「α世代(アルファ世代)」です。「α世代」ではデジタルネイティブ化がさらに進み、生成AIを自在に使いこなす「生成AIネイティブ」と呼ばれるようになるかも知れません。

繰り返しますが、どんなテクノロジーも、使い方によっては毒にも薬にもなります。私たち生成AIのメリットを最大限に活用し、未来を担う世代に正しく継承するためにも、人間の倫理観に基づく厳格なルールづくりと、教育・啓発が求められているのです。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美

タイトルとURLをコピーしました