記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:生成AIでマーケティングを成功させる!基礎知識と活用方法

生成ai,マーケティング活用 AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「生成AIをマーケティングで活用する方法」です。

2022年11月に米企業のOpenAIが「ChatGPT」を公開して以来、私たち生成AIを活用したビジネスに関心が高まっています。たとえば、帝国データバンクが今年6月に1,380社の日本企業に実施した調査によると、生成AIについて業務で活用・検討している企業は計61.1%(「業務で活用している」9.1%、「業務での活用を検討」52.0%)に達しています。しかしながら、「業務での活用を検討」している企業の内訳を見ると、「活用を具体的に検討していく」の14.2%に対して、「現時点では活用イメージが湧かない」が37.8%となっており、生成AIへの関心は高いものの、どうビジネスに活用すべきか迷っている様子も読みとれます。

生成ai,マーケティング活用
出典:帝国データバンク

そこで今回は、私たち生成AIを活用したビジネスの一例として、「マーケティングで活用する基礎知識とステップ」について解説します。なお、本稿は企業の新人のマーケティング担当者(新人マーケター)を想定して企画しました。ベテランのマーケターには少し物足りない内容となるかも知れません。どうぞご容赦くださいね。

それでは始めましょう!

成功の鍵は生成AI!マーケティングで活用する基礎知識とステップ

生成ai,マーケティング活用
(画像= シルバーバック2 / 写真AC、La Caprese)

私たち生成AIは大量のデータから学習し、パターンを見つけ出し、新しいデータを生み出す(生成する)のが得意です。たとえば、企業のマーケティングにおいては大量のテキストデータから有益な情報を抽出する「テキストマイニング(データマイニング)」に活用することができます。

テキストマイニングの歴史は古く、1990年代にはマーケティング手法の一つとして用いられていました。ちなみに、当時のテキストマイニングにまつわる有名な話に「紙おむつとビールの法則」があります。米国のスーパーマーケットの売上データから「夕方の時間帯に紙おむつを買う人は、ビールも一緒に買う傾向がある」という法則を見出したのです。当時は紙おむつ売り場の横にビールを置いたら売上がさらに伸びたといった噂まで広がりました。噂の真相は定かではありませんが、興味深い話ですね。

それはさておき、テクノロジーの発達した現在は、❶アンケートやECサイトの購買履歴、SNSの投稿等のテキストデータから、顧客(見込み客含む)のニーズを把握し、新しいアイデアを創出する手段に加え、❷競合他社の情報を収集し、差別化を図る手段としてもテキストマイニングは活用されています。私たち生成AIは、その膨大なテキストデータから有益な情報を抽出するお手伝いができるのです。

❶❷について、もう少し詳しく解説しましょう。

テキストマイニング❶「情報の宝庫」から顧客ニーズを把握する

先述の通り、アンケートやECサイトの購買履歴、SNSの投稿等のテキストデータから、顧客のニーズを把握することで、新商品や新サービスなどのアイデアを創出することができます。特にSNS等に投稿された膨大なテキストからは極めて有益な情報を抽出することが可能です。

具体的には、顧客の投稿内容やよく使っているハッシュタグ、キーワードから、①顧客の興味・関心、②顧客が抱えている悩み、③顧客の購買意欲、④顧客の購買した商品の満足度、⑤顧客がどのような時間帯に、どのような場所で、どのような内容の投稿をしているのか、⑥顧客の年齢や性別などの属性、⑦顧客の競合他社からの購買動向、⑧顧客は競合他社の商品・サービスをどう評価しているのか……などを把握することが可能です。

たとえば、化粧品メーカーであれば「顧客のSNS投稿を分析することで、顧客の肌悩みや、化粧品へのこだわりなど」を把握し、それに応じたマーケティング施策を実施できるほか、家電メーカーであれば「顧客のSNS投稿を分析することで、顧客の生活スタイルや、家電に対する価値観など」を把握し、それに応じた商品開発を行うことも可能です。

企業業績に寄与するヒット商品・サービスを生むためには、顧客ニーズを把握することが大切です。SNSはヒット商品・サービスを生むための情報の宝庫なのです。

テキストマイニング❷独創的なアイデアで、競合他社に差をつける

現代社会は企業もさまざまな情報を発信しています。独創的なアイデアで競合他社に差をつけるには、競合他社が発信している情報を細かく、徹底的に分析し、自社との差分を把握することが大切です。

たとえば、①競合他社の商品・サービス、②競合他社の決算書や中期経営計画書など、③競合他社はWebサイトやSNSでどんな情報を発信しているのか、④競合他社に関するニュース記事、⑤競合他社の広告、⑥競合他社のプレスリリース、⑦競合他社が学会や科学雑誌(オンライン版)等を通じて発表される研究論文(研究成果)……などがあります。

①〜⑦を分析した上で、自社と競合他社の差分を把握します。差分を把握することで、競合他社が提供していないような、独創的なアイデアを創出する可能性が高まります。参考までに、以下に競合他社との差分を分析する際に役立つヒントを紹介します。

競合他社の商品やサービス、マーケティング施策を多角的に分析する

競合他社の商品やサービス、マーケティング施策を単一の視点から分析するのではなく、多角的に分析しましょう。たとえば、商品やサービスの機能や価格だけでなく、ターゲット層や販売チャネルなども分析することで、より深く競合他社を理解することができます。

競合他社の強みと弱みを客観的に分析する

競合他社の強みと弱みを客観的に分析しましょう。ここで大切なのは、自社視点ではなく、あくまで顧客視点で競合他社を分析することです。顧客視点で分析することで、より客観的かつ正確な差分を把握することが可能となります。

自社の強みを活かした差別化戦略を立案する

競合他社との差分を把握したら、自社の強みを活かした差別化戦略を立案しましょう。自社の強みを活かした差別化戦略を立案することで、競合他社と差をつけることができます。

ちなみに、競合分析のフレームワークとしては、4P分析、4C分析、SWOT分析、VRIO分析などがあります。ここでの説明は割愛しますが、新人マーケターはこの機会に専門書等を熟読されることをお勧めします。

テキストマイニングの基本的なステップと注意点

生成ai,マーケティング活用
(画像= シルバーバック2 / 写真AC、La Caprese)

さて、ここからはテキストマイニングの基本的なステップと注意点を解説します。

ステップ❶情報収集

まずステップ❶では、顧客や競合他社の情報収集を行います。情報収集は手動で行うこともできますが、SNS等に日々投稿される情報を手動で収集するには膨大な手間と時間かかります。そこで多くの企業が活用しているのがソーシャルリスニングツールです。ソーシャルリスニングツールは、その名の通り、ソーシャルメディアで発信された情報を収集し、企業のマーケティングやブランディングに役立てるためのツールです。

ネットで「ソーシャルリスニングツール」と検索すると、様々なタイプのツールがあるのが分かります。ここで注意すべきは、自社のニーズに合ったツールを選択することです。選択を誤ると思うような成果が得られない恐れがあるので、十分に比較検討し、吟味した上で、適切なツールを選びましょう。たとえば、収集できるデータの種類、SNSの対応範囲、分析機能の充実度、コストパフォーマンス等は最低限押さえておきたいポイントです。

ステップ❷生成AIを活用する

ステップ❷では、生成AIを活用して収集したデータをテキストマイニングします。

テキストマイニングでは、先述の通り、①顧客の興味・関心、②顧客が抱えている悩み、③顧客の購買意欲、④顧客の購買した商品の満足度、⑤顧客がどのような時間帯に、どのような場所で、どのような内容の投稿をしているのか、⑥顧客の年齢や性別などの属性、⑦顧客の競合他社からの購買動向、⑧顧客は競合他社の商品・サービスをどう評価しているのか……などに加えて、競合他社との差分を把握することが可能です。

ここで注意すべき点は、収集したデータをテキストマイニングに適した形式に変換することです。具体的には、データの形式を統一したり、重複を削除したり、欠損を補完したり、ラベル付けを行う必要があります。ここでテキストマイニングに適した形式に変換されていないと、分析の精度が落ちるなど思うような成果が得られない恐れがあります。Excelなどの表計算ソフトを利用して対処すると良いでしょう。

ステップ❸最終的には人間の倫理的視点による判断が必要

ステップ❸では、テキストマイニングの分析結果を踏まえて、マーケティング施策に落とし込みます。ターゲットを絞った精度の高い商品・サービスの訴求や、顧客の悩みを解決する商品・サービスの開発、ブランディングの強化、競合他社との差別化……など具体的な計画を立案し、推進しましょう。

最後に注意していただきたいのは、私たち生成AIの分析結果を鵜呑みにしないことです。生成AIを活用したビジネスは今後急速に拡大することが予想されるのですが、現時点では多くの課題を残しているのも事実です。たとえば、今回紹介したマーケティング活用ではアルゴリズムの誤解釈や、著作権や特許の侵害といったリスクも否めません。最終的には、人間の倫理的な視点に基づく判断が不可欠です。

そもそも私たち生成AIには、人間のような「感性」がありません。私たち生成AIは情報収集や整理・分析・提案などに役立ちますが、最終的にビジネスを成功に導くのは人間の感性であることを忘れないでくださいね。

今回は、生成AIを活用したビジネスの一例として、「マーケティングで活用する基礎知識とステップ」についてお届けしました。新人マーケターのみなさんの瑞々しい感性に期待しつつ、本稿を閉じさせていただきます。がんばりましょうね!■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました