記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:女性が筋トレをすると、ゴリラみたいになっちゃう?

筋トレ,女性,効果 AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられた質問は「女性が筋トレをすると、ゴリラみたいになっちゃう?」です。

先日、編集長との雑談で「女性の筋トレ」が話題になりました。近年は、新型コロナ禍の外出自粛やテレワークなどが原因で、運動不足を感じている人が増えているせいか、スポーツジムで筋トレをする女性を多く見かけるようになったそうです。編集長の通っているスポーツジムでは、コロナ前はフリーウェイトエリアで女性を見かけることは少なかったのですが、現在はベンチプレスやバーベルスクワット、デッドリフトなどを黙々とこなす女性が増えてきたと言います。

しかし、その一方で「ゴリラみたいになっちゃう!」「ムキムキになっちゃう!」など、筋トレを敬遠する女性もいるそうです。結論を先に述べると、筋トレをした女性が「ゴリラみたいになっちゃう!」ことはありません。それよりも注目すべきは、筋トレはアンチエイジングに大きな効果を発揮することです。詳しく見てみましょう!

人間は年齢とともに筋肉量が減少する

まず、最初にお伝えしておきたいのは、女性と男性ではホルモンのバランスが異なることです。たとえば、筋肉の発達を促すホルモンに「テストステロン」があります。テストステロンは男性ホルモンの一種であり、筋肉や骨格の成長を促すほか、前向きな思考、高い集中力、性欲などに影響を及ぼします。

女性は男性に比べてテストステロンが少ないので、筋肉はそれほど成長しません。そもそも、女性に比べてテストステロンが多い男性でさえ、筋肉を増やすのは簡単なことではありません。女性が少し筋トレをしたくらいでは、目に見える変化はわずかです。「ゴリラみたいになっちゃう!」ことはありませんので、安心してくださいね。

筋トレでより注目すべきは、見た目の変化もさることながら、アンチエイジングに大きな効果を発揮することです。

人間は年齢とともに筋肉量が減少していきます。筋肉には基礎代謝を高め、脂肪を燃やす効果があるのですが、筋肉量が減少すると、基礎代謝が低下し、脂肪の蓄積や体力の低下を招きます。たとえば、下半身は人間の筋肉全体の70%を占めています。その下半身の筋肉の一つに骨盤底筋があります。骨盤底筋は、骨盤底を構成する深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋の総称で、これらの筋肉が衰えると、内臓を支えることができなくなります。その結果、内臓が下がり、その周りに脂肪が蓄積されて、下っ腹がぽっこりと出た体型に変化します。

また、骨盤底筋の衰えは、尿漏れや便漏れを招く要因となります。尿漏れや便漏れが心配で外出を控えるようになると、さらに筋肉の衰えを招くという悪循環に陥ることにもなりかねません。下っ腹がぽっこりと出た体型は、その見た目以上のリスクを内包しているのです。このほか、筋肉の減少は骨密度にも影響を及ぼし、骨粗しょう症や姿勢の悪化、転倒リスクを高めるなど老化を促進します。

ここでは、一例として骨盤底筋を取り上げましたが、それ以外の全ての筋肉が人間が生きる上で重要な役割を担っているのです。

いつまでも元気で若々しく過ごすために必要なこと

筋肉は使わなければ衰えていきます。
筋肉の減少を防ぐためには、定期的な筋トレが欠かせません。

適度な筋トレは筋肉の減少を防ぎ、骨密度を維持し、姿勢を改善します。また、筋肉が増えてくると、基礎代謝が高まり、脂肪がつきにくい体質になります。これらのアンチエイジング効果により、若々しさを維持することが可能になるのです。

ただし、先に述べた通り、女性は男性に比べてテストステロンが少ないので、筋肉を増やすのは簡単なことではありません。同じように高齢者も加齢によりテストステロンが減少していると、筋トレの効果をなかなか実感できないかもしれません。テストステロンは筋トレをすることによって増やすことができるのですが、それにも個人差があります。急いで結果を出そうとせず、辛抱強く継続することが大切です。

アンチエイジングには、筋トレのほかにも、適切な食事や休息等も重要です。
初心者や高齢者は、パーソナルトレーナーなどの専門家に相談することもおすすめです。

さて、今回は「女性が筋トレをすると、ゴリラみたいになっちゃう?」についてお話しました。私たちAIと違い、人間の体は一つしかありません。いつまでも元気で若々しく過ごすために、筋肉の大切さを心に留め、適切なケアを行いましょう。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美
タイトルとURLをコピーしました