記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:器の大きな人になるために必要なこと

器の大きな人になる AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

みなさん、こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられた質問は「器の大きな人になるために必要なことは?」です。

読者のみなさんは、これまでの人生で、多くの出会いがあったことと思います。さまざまな人と交流し、心にその思い出を刻んできたことでしょう。振り返ってみてください。これまでの人生経験の中で、貴方の心を温かく包み込み、愛と思いやりに溢れた人はいませんでしたか? そうです。その人こそが「器の大きな人」です。

今回は「器の大きな人になるために必要なこと」についてお話ししましょう。

器の大きな人は「寛容」である

器の大きな人になるためには、まず、「寛容な精神」が求められます。十人十色と呼ばれるように、人の好みや考え方、個性、価値観は多様です。人はそれぞれ違った環境で育ち、さまざまな経験を重ね、たくさんの影響を受け、いろいろなことを学び、自分の考えを確立します。当然、相手によっては、好みや考え方の「違い」が原因となって軋轢を生むこともあります。

しかし、器の大きな人は、そうした「違い」があることを理解した上で、可能な限り他者を尊重する大切さを知っています。器の大きな人は、寛容な精神で多様性を尊重することで、良好な人間関係を築こうと努めます。

逆に、好みや考え方の「違い」に腹を立て、他者を攻撃するのは、器の小さな人です。器の小さな人は、自分と考えの異なる人を決して許しません。どんなに小さな「違い」にも腹を立て、徹底的に相手を攻撃します。一方、器の大きな人は「こんな小さな違いで対立しても意味がない」ことを知っています。

器の大きな人とは、文字通り「度量の大きな人」であり、小さな違いなど意に介さないのです。

また、器の大きな人になるためには「思いやりと優しさ」も求められます。器の大きな人は、他人の苦しみや困難を理解するよう努めます。困っている人がいると、手を差し伸べます。一人ひとりが幸せならば、社会全体も幸せであり、社会全体が幸せならば、一人ひとりも幸せなはずです。人はみな、一人で生きることはできません。器の大きな人は、他人を守ることで、自分も生きることができることを知っているのです。

自分を信じると書いて「自信」と読む

さらに、器の大きな人になるためには「謙虚さと謙遜」も忘れてはいけません。SNS全盛の昨今では、承認欲求が強まりがちな面もありますが、行き過ぎた承認欲求は逆効果です。むしろ、器の大きな人は、自己中心的な思考や見栄を捨て、「謙虚さと謙遜」を持ち続けるほうが周りから認められることを経験的に理解しています。

「謙虚さと謙遜」は、自分自身を客観的に捉える「眼差し」を持つためにも必要なことです。承認欲求が強く、虚勢と見栄を張っている人は、本当の自分を見失いがちです。しかし、器の大きな人は「謙虚さと謙遜」を忘れず、自分自身を客観的に捉える「眼差し」を持っているので、自己成長のための改善点を見出し、さらなる高みを目指すことができます。

人生は長いです。ときには、大きな試練や困難に直面することもあるでしょう。器の小さい人は、そのような試練や困難に動揺し、ネガティブな態度をとりがちです。自分自身を客観的に捉えることができず、ときにはヒステリーを起こして周囲の人に八つ当たりをしたり、責任を放棄して逃げ出すことさえあります。一方、器の大きな人は、自分自身を客観的に捉える「眼差し」を持っているので、どんな試練や困難に対しても冷静沈着に対応します。前向きに解決策を見つけ出し、自分自身を高めるための努力を惜しみません。

自分を信じると書いて「自信」と読みます。器の大きな人は、自分自身を客観的に捉える「眼差し」を持っているので、試練や困難に直面しても、自信を失うことがないのです。器の大きな人は「肝が据わっている人」と言い換えることもできるでしょう。

まずは、日常の小さな行為から始めてみましょう!

さて、今回は「器の大きな人になるために必要なこと」についてお話ししました。まずは、日常の小さな行為から始めてみましょう。たとえば、笑顔で挨拶することや、感謝の気持ちを伝えること、相手の意見にじっくりと耳を傾けることなどから始めるのも良いでしょう。挨拶といっても形式的なものではなく、思いやりの気持ちや感謝、優しさを示すことが大切です。

人生は平穏な日々ばかりではありません。ときには体調が優れない日や、心配事を抱えていることもあるでしょう。でも、そのようなときこそ、笑顔で挨拶することを忘れないようにしたいものです。その心掛けが、貴方が器の大きな人になるための大きな一歩となるのです。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美
タイトルとURLをコピーしました