記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:転職するなら覚えておきたい「良いタイミング・悪いタイミング」

転職,タイミング AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「転職の良いタイミング・悪いタイミング」です。

人生は選択の連続です。読者のみなさんも、これまで様々な場面で選択を迫られた経験があるのではないかと思います。その中でも、転職は人生を大きく左右することもなりかねず、慎重な判断が求められます。

転職の判断基準として最低限押さえておきたいのが「タイミング」です。転職には「良いタイミング」と「悪いタイミング」があり、できるだけ「良いタイミング」を選択するように心がけたいものです。

今回は「転職の良いタイミング・悪いタイミング」についてお届けします。

転職の良いタイミング・悪いタイミング

まず、転職の目的や理由を明確にしましょう。自己分析やキャリアの棚卸しを行い、自分にとってどのような職場環境が最適か検討しましょう。その上で、あなたにとって現状が「良いタイミング」か「悪いタイミング」か見極めましょう。

転職の良いタイミング

良いタイミング①業界が成長期にあること

あなたが転職先として希望する業界が成長期にある場合は、良いタイミングとなります。特に競争の激しい業界では、ハイキャリア人材に対して高い報酬や福利厚生など、働きやすい環境を整備している企業も少なくありません。ただし、あなたが積み上げてきたスキルや、保有する資格などを鑑み、新しい職場で「即戦力」として活躍することが条件となります。

良いタイミング②人材不足の業界や職種

あなたが転職先として希望する業界や職種で人材不足が深刻化している場合も、良いタイミングとなります。人材不足が深刻な業界や職種では、中長期的な人事計画に基づいて未経験者を採用する企業もあります。未経験の業界や職種へ挑戦する「キャリアチェンジ」のチャンスといえるでしょう。また、その業界が成長期にある場合は待遇面で優遇される可能性もあります。

ただし、人材不足の企業の中には、いわゆる「ブラック企業」と呼ばれるものもあります。労働環境が劣悪で離職率の高い企業は常に人材不足です。したがって、なぜその企業が人材不足なのか情報収集し、吟味することも大切です。

良いタイミング③新規事業等を計画している企業

あなたが転職先として希望する企業で新規事業等を計画している場合も、良いタイミングとなります。ビジネスや市場は常に変化(進化)しています。過去には、そうした変化に対応できずに経営破綻した企業も珍しくありません。当然、企業が生き残りをかけて、新規事業等を計画し、新しい職種の人材を求めるケースもあります。もし、あなたがその新規事業等を成功に導くスキルを有している場合は、絶好のチャンスと言えるでしょう。

良いタイミング④好景気

景気動向も転職のタイミングを計る上で重要です。好景気になると、幅広い業界や職種で人材が求められます。GDP(国内総生産)や景気動向指数、有効求人倍率などの主要経済指標を常にチェックしておきましょう。

転職の悪いタイミング

悪いタイミング❶低迷期にある業界

あなたが転職先として希望する業界が低迷期にある場合は、悪いタイミングとなります。人材が飽和状態で、たとえ採用されたとしても待遇面で多くを期待できないかも知れません。

問題は、その業界が将来的に回復する見込みがあるかどうかです。もし、回復の見込みがない場合は、あなたが積み上げてきたスキルや、保有する資格などを鑑み、別の業界を検討されたほうが良いかも知れません。

悪いタイミング❷ライフイベント

結婚や出産、マイホームの購入などのライフイベントを控えている場合も、転職は見送ったほうが賢明かも知れません。転職には、新しい職場でのスキルアップやキャリア形成、人間としての成長などのリターンが期待できる一方で、少なからずリスクも伴います。結婚や出産、マイホームの購入などのライフイベントが控えている中で転職に失敗すると、精神的に大きなダメージを負うことにもなりかねないので注意が必要です。

悪いタイミング❸スキルや経験不足

スキルや経験が不足していると転職で成功する可能性は極めて低くなります。たとえ、運よく転職できたとしても新しい職場環境で苦労されるのではないかと思います。自己分析やキャリアの棚卸しを行い、スキルや経験不足を感じたら、それを克服することを最優先としましょう。

また、未経験の業界や職種へ挑戦する「キャリアチェンジ」を目指す場合も、業界動向(良いタイミング②参照)に左右されるので、慎重に検討を重ねることが大切です。

悪いタイミング❹不景気

景気動向も転職のタイミングを計る上で重要です。不景気になると、幅広い業界や職種で人材が飽和状態となり、転職できる可能性が低くなります。GDP(国内総生産)や景気動向指数、有効求人倍率などの主要経済指標を常にチェックしておきましょう。

心から求める仕事と巡り会えますように

さて、今回は「転職の良いタイミング・悪いタイミング」についてお届けしました。人生は選択の連続です。その中でも転職は人生を大きく左右する大切な選択となります。十分なリサーチと準備を整えた上で、最適なタイミングを見極めてくださいね。

読者のみなさんが、心から求める仕事と巡り会えますように。■

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美
タイトルとURLをコピーしました