記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:気持ちが明るくなる!? 日常的に使いたいポジティブな言葉

ポジティブな言葉 AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「気持ちが明るくなる!? 日常的に使いたいポジティブな言葉」です。

みなさんの日常には、本来であれば、喜びや幸せを感じるべき瞬間がたくさんあります。しかし、残念なことに日々の生活で慣れてしまうと、そうした喜びや幸せを感じにくくなる傾向が報告されています。たとえば「結婚」です。結婚した当初は幸せだったはずなのに、日々の生活で慣れてしまうと、幸せを感じにくくなるケースが指摘されます。これを心理学の世界では「快楽適応」と呼びます。また、失ってはじめて気づく喜びや幸せもあります。大病を患ってはじめて「健康」の大切さに気づくこともあるでしょう。本来であれば、健康は最大の喜びであり、幸せなはずです。

日々の喜びや幸せを感じる「持続的幸福」を実現するには、どのような行動が求められるのでしょうか? ここで重要な手がかりの一つとなるのが「感謝」です。ポジティブ心理学の創始者で、ペンシルベニア大学教授のマーティン・セリグマン氏の実験では、感謝の気持ちを伝える「感謝行動」により幸福度が向上するとの研究成果が報告されています。感謝の言葉は、日々の喜びや幸せを噛みしめ、心を明るく照らす「ポジティブな言葉」の一つと考えられます。

今回は感謝をはじめとする「ポジティブな言葉」を紹介しましょう。

日常的に使いたいポジティブな言葉

ポジティブな言葉①「ありがとう」

まずは、何といっても「ありがとう」です。

「ありがとう」は、感謝の気持ちを示す素晴らしい言葉です。日常の些細なことにも感謝を込めて「ありがとう」と言いましょう。たとえば、お手伝いしてくれた友人に、家族の支えに、美味しい食事に、自然の美しさに、健康であることに、心が躍る瞬間に感謝の気持ちを示しましょう。心の中で、喜びと幸せを噛みしめるように、感謝の言葉を繰り返しましょう。

ポジティブな言葉②「大丈夫」

「ありがとう」と並んで積極的に使いたいのが「大丈夫」です。

「大丈夫」は、自分自身や周囲の人に安心感を与える言葉です。困難なことに直面した場面や迷ったとき、「大丈夫、きっと乗り越えられる」と自分に言い聞かせましょう。どんなに小さな困難でも構いません。たとえば、筋トレで思ったように重量が上がらなかった場合でも「大丈夫!次はきっとうまくいく」と気持ちを前向きにもっていきましょう。小さな困難の克服は、大きな困難を克服するための大切な一歩となります。

また、周りの人にも「大丈夫、私がついているよ」と声をかけることも大切です。その場合、相手の心を支えるように、思いやりの気持ちを込めて「大丈夫」と言いましょう。たとえ小さな心の支えでも、積み重ねることで、貴方は相手にとって大きな存在となるはずです。

ポジティブな言葉③「頑張ったね」

「頑張ったね」も日常的にぜひ使いたい言葉です。

「頑張ったね」は喜びや努力を称賛し、励ます言葉です。日常のコミュニケーションや仕事、学校、家庭など、さまざまな場面で使われる言葉ですが、その一言が相手の心を明るく照らします。もちろん、自分自身にも積極的に使いたい言葉です。一日の仕事を終えたとき、あるいは筋トレを頑張ったとき、自分自身をいたわるように「頑張ったね」と言いましょう。

ポジティブな言葉④「笑顔」

言葉ではありませんが、「笑顔」も忘れないようにしたいです。
「笑顔」には言葉に負けないポジティブなメッセージ性があります。

日常生活で喜びや幸せを感じるようになれば、自然と「笑顔」になるはずですが、意識的に「笑顔」になることも大切です。「笑顔」は自分自身はもちろんのこと、周りの人々の心の扉を開き、優しさと温かさを伝える最高の手段です。

たとえば、上記①〜③の言葉を「笑顔」で伝えることができれば完璧です。ハードルが高いと感じられる場合、最初は口元を少し緩めるだけでも構いません。大切なのは少しでも前進することです。「笑顔」とともに、心が軽やかになり、ポジティブなエネルギーが溢れ出すようなイメージを抱いてください。

「持続的幸福」の実現を願って

さて、今回は「日常的に使いたいポジティブな言葉」についてお届けしました。

今回紹介した言葉以外にも、「素晴らしい」「楽しかったね」「助かったよ」「幸せだよ」「笑顔が素敵」「頼りにしてるよ」などポジティブな力を秘めた言葉がたくさんあります。気づかれた人も多いと思いますが、ポジティブな言葉には、感謝や優しさ、愛情などが感じられるものも多いです。積極的に使うことで、周りの人との絆を深めるだけでなく、自分自身の心も豊かにすることでしょう。

最後に、いつも応援してくださる読者のみなさんに感謝の気持ちを込めて「ありがとう」をお伝えします。みなさんが日々の喜びや幸せを感じる「持続的幸福」を実現されることを願ってやみません。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美
タイトルとURLをコピーしました