記事内に広告が含まれています。

東京都、バイオ燃料を使用した都営バスを運行

バイオ燃料,事例, メリット,デメリット,企業,東京都 ニュース
※画像はイメージです。(画像= りっくん_ / 写真AC、La Caprese)

東京都は2023年1月25日から、東京都交通局小滝橋自動車営業所(所在地:中野区東中野)が所有する都営バス58両について、バイオ燃料による運行を開始した。あわせて、SDGs(持続可能な開発目標)応援活動を続けているハローキティのデザインを用いたバスラッピングも実施している。

東京都では、都民や事業者等への働きかけを通じて、電力のHTT(減らす・創る・蓄める)を推進するとともに、ゼロエミッション東京の実現に向けた対策を進めている。その一環として、2022年10月31日に東京都はバイオベンチャー企業のユーグレナ(本社:東京都港区)と環境にやさしいバイオ燃料の活用推進と普及を目的とした協定を締結し、さまざまなモビリティ等におけるバイオ燃料の活用に取り組んでいる。

今回スタートした、バイオ燃料使用の都営バスの運行もそうした取り組みの一つである。

スポンサーリンク

持続可能性に優れたバイオマス原料を使用

バイオ燃料 事例,バイオ燃料 メリット デメリット,バイオ燃料 企業,

ちなみに、今回の都営バスの運行に使われているバイオ燃料は「サステオ」と呼ばれる。「サステオ」は、ユーグレナが製造・販売する次世代バイオ燃料で、使用済み食用油や微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)から抽出した油など、食料との競合や森林破壊といった問題を起こさない持続可能性に優れたバイオマス原料からつくられている。

「サステオ」は燃料の燃焼段階では通常の軽油と同じようにCO2を排出するものの、原料となる植物や藻類が、成長過程の中で光合成によりCO2を吸収するため、燃料を使用した際に発生するCO2の排出量が実質的には「プラスマイナスゼロ」となるカーボンニュートラルの実現に貢献すると期待されている。

バイオ燃料を使用した都営バスの運行は、2023年1月25日から1カ月程度を予定している。運行ルートは、小滝橋自動車営業所管内の7路線(高田馬場駅と上野公園を結ぶルート、新宿駅と都庁を循環するルートなど)で、都営バス58両のうち5両にサンリオ(本社:東京都品川区)のハローキティのラッピングを実施している。■

(La Caprese 編集部)

タイトルとURLをコピーしました