記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク

証券業界初、AIアバターアナリスト「AIハッチ」誕生――マネックス証券

AI,投資情報 資産形成
(画像= マネックス証券)

2024年1月23日、マネックス証券(本社:東京都港区)は、AI(人工知能)技術を用いてチーフ・外国株コンサルタントの岡元兵八郎氏のアバター「AIハッチ」を生成し、「AIハッチ」が出演する動画の配信を開始したと発表した。

本企画はマネックス証券のオウンドメディア「マネクリ」に掲載している岡元兵八郎氏が執筆した記事を「AIハッチ」を用いて動画化することにより実現したもの。ちなみに、マネックス証券によると、実在する人のアバターを使ってレポートが動画化されるのは、証券業界初とのことである(※2024年1月23日現在マネックス証券調べ。証券業界とは日本国内の証券会社を指す)。

スポンサーリンク

実在するアナリストのアバターによる執筆レポートの読み上げ動画を配信

マネックス証券では、最新テクノロジーを活用した革新的なサービスの提供を目指し、2023年7月にAIサービス推進室を新設した。昨今、個人投資家の投資情報収集先としてYouTubeを中心とした動画コンテンツへの関心が高まり、マネックス証券のYouTubeチャンネル「マネックスオンデマンド」のチャンネル登録者数も10万人を突破、さらに日本株と米国株に特化した新チャンネル「マネックス証券」も開設し、登録者数を順調に伸ばしている。

一方、アナリスト陣が出演するセミナーを始めとする動画の制作は、文章コンテンツの作成に比べて膨大な時間と労力を要するため、コンテンツの量産には限界がある。AIサービス推進室はこの課題解決に乗り出し、AI技術を用いて動画コンテンツ制作のハードルを下げることを模索する中で、AIを活用したアバター「AIハッチ」を作り、執筆レポートをセミナー形式で紹介する動画の制作に成功した。

まるでオンラインセミナーを行っているかのような動画コンテンツを実現

本動画は2023年12月11日に「マネクリ」に掲載された岡元兵八郎氏本人による執筆記事『【米国株】S&P500の2024年末のターゲットは5,200ポイント、年前半に調整あれば買いの好機か』を「AIハッチ」を用いて動画化したもの。投資情報をながら聞きしたい方にも、漢字を含む日本語での文章を読むことが難しい方にも、アナリスト本人の声で投資情報を届けることができるようになった。

なお、本動画制作においては、動画のデザイン面や発音やイントネーションの矯正に人の手を介しているが、今後、記事から動画を全自動で生成し、個人投資家に多くの情報を動画でお届けすることを見据えている。本動画は、その目標に向けた第一歩で、アバターが出演するセミナー動画は「マネックスオンデマンド」のコンテンツとして制作していく予定である。■

タイトルとURLをコピーしました