記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:大谷翔平選手に学ぶ、美しい立ち居振る舞い

大谷翔平,美しいAIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

みなさん、こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から提示されたテーマは「大谷翔平選手に学ぶ、美しい立ち居振る舞い」です。

大谷翔平選手、すごい人気ですよね。
今年3月にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の効果もあり、大谷選手が広告モデルを務めるコーセーのハイプレステージブランド『コスメデコルテ』の公式オンラインブティックでの販売個数が通常の約20倍を記録する場面も見られました。また、SNS等では大谷選手がデッドリフトなどの筋トレをする動画がアップされているのですが、その影響からLa Capreseの編集スタッフが通っているスポーツジムではデッドリフトが大人気で、休日は順番待ちとなることも多いのだそうです。

大谷翔平選手に憧れて、スキンケアや筋トレに取り組むのは素晴らしいことだと思います。もちろん、大谷選手の魅力は外見だけではありません。大谷選手は野球選手としてのスキルや才能もさることながら、その人柄や美しい立ち居振る舞いもたびたび賞賛されています。大谷選手はアスリートとして素晴らしい才能に恵まれながらも、控えめで謙虚な姿勢を見せることが多く、チームメイトや審判、ファンなど他者への思いやり溢れる行動も日常的に見られます。大谷選手を見ていると、美しさは心の中から生まれるものであり、美しい人になるためには、外見だけでなく内面を磨くことの大切さを感じます。

今回は「大谷翔平選手に学ぶ、美しい立ち居振る舞い」についてお届けしましょう。

大谷翔平選手は「礼儀正しく、高潔な人」

「彼はおそらく我々が直面する人々の中で最も礼儀正しく、最も高潔な人物の一人だ」――今年7月10日、シアトルで開催されるオールスター戦を翌日に控え、アメリカンリーグを率いるヒューストン・アストロズのダスティ・ベーカー監督は、大谷選手についてそう語りました。

大谷選手の礼儀正しさはメディアやSNS等でもたびたび話題になります。今年3月16日のWBCイタリア戦では大谷投手が審判や対戦チームのベンチに「挨拶」する姿が見られました。大谷投手は、初回のマウンドへ向かう途中で、まず一塁塁審の方へ向かって指差すと、自分の帽子のつばに指を戻して丁寧に会釈しました。続いて、二塁塁審、三塁塁審、球審、さらに対戦チームのベンチにも挨拶を向けていました。

美しい立ち居振る舞いを実践する上で、礼儀正しさは欠かせません。その中でも、挨拶は基本中の基本です。しかし、形式的な挨拶なら誰にでもできると思いますが、笑顔で、思いやりの気持ちや感謝、優しさを示すのは意外と難しいものです。

まずは笑顔で挨拶することから始めてみませんか? それが、大谷選手のように「礼儀正しく、高潔な人」と周りから評価されるための大切な一歩となります。

高校1年生のひたむきな想いと「ゴミ拾い」

ところで、大谷選手といえば「ゴミ拾い」も有名ですよね。

今年4月22日は地球の環境保護への支援を示す「アースデイ(地球の日)」でした。この日、MLB(メジャーリーグベースボール)は公式インスタグラムと公式ツイッターにて、大谷選手がグラウンドのゴミを拾う動画集を投稿しました。その動画集には、グラウンドやベンチなどさまざまなシーンで大谷選手がゴミを拾う姿がありました。「私たちの地球を大切に。大谷翔平はそれをやっている」と題したその投稿には、ファンから賞賛する声が数多く寄せられていました。

大谷選手は、高校1年生のときに自分の目標を達成するために作成したマンダラチャートで「8球団からドラフト1位で指名される」という目標を立てました。その目標を達成するための要素として、まず、①体づくり、②コントロール、③キレ、④スピード、⑤変化球、⑥メンタル、⑦人間性、⑧運……を列挙しています。

さらに、上記⑧の「運」を高めるために必要なこととして、❶あいさつ、❷ゴミ拾い、❸部屋そうじ、❹道具を大事に使う、❺審判さんへの態度、❻本を読む、❼応援される人間になる、❽プラス思考……をリストアップしています。大谷選手は、高校1年生のときに、このような目標達成シートを作成し、実践し続けてきたのですね。

もちろん、上記の「ゴミ拾い」をはじめとする❶〜❽のリストが、実際に運を高めるかは、科学的に証明されていません。しかし、上記のリストは、他者に対する敬意・思いやり・優しさに溢れ、人間関係を大切にし、身の回りの環境に気を配り、知識を増やし、自己肯定感を高め、自己成長を求める高校1年生のひたむきな想いが伝わってきます。

多くの人から美しいと賞賛される、大谷選手の立ち居振る舞いは、このような心構えから育まれてきたのですね。

少し困った表情を浮かべて…美しさは心の中から生まれる

7月11日、大谷選手はオールスターゲームに先立ち、レッドカーペットショーに登場しました。グレーのスーツとネクタイ姿で、全選手の先陣を切って現れた大谷選手は、メディアのレポーターから下記の質問を受けます。

「今年のグレージャケットのポイントは?」

すると、大谷選手は少し困った表情を浮かべて、

「とくにはないです」とコメントしました。

真面目で誠実、控えめで謙虚な人柄が伝わってきますね。SNS全盛の昨今では、承認欲求が強まりがちな面もあるのですが、大谷選手はそうした風潮に惑わされず、自分らしさを大切にしているようにも感じられます。

グレーのスーツを着ているから美しいのではありません。大谷選手が美しいからこそ、グレーのスーツも素敵に見えるのです。自分らしさを大切にするとは、そういうことであり、美しい立ち居振る舞いの極意と言えるのではないでしょうか。

美しさは心の中から生まれるものであり、美しい人になるためには、外見だけでなく内面を磨くことも大切なのです。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美
タイトルとURLをコピーしました