記事内に広告が含まれています。

2023年のGWの平均予算金額は前年比1.7倍。制限大幅緩和で買い物、外食、旅行が復調――インテージの調査報告

GW,予算 ニュース
(画像= Canva、La Caprese)

今年のゴールデンウィークの予算の平均金額は2万7,870円。――調査会社のインテージ(本社:東京都千代田区)が、全国の15歳から79歳の男女を対象に実施した「ゴールデンウィーク(以下、GW)」に関する調査で、そのような状況が明らかになった。

上記の通り、今年のGWにはどのくらいの予算を準備しているかを聞いたところ、平均金額は2万7,870円となった。昨年の支出予想金額は1万6,407円であったことから、予算的には約1万1,500円の増加、前年比では1.7倍もの増加である(図表1)。今回の調査結果と15~79歳の推定人口(※)から「GW市場規模」を試算したところ、2023年の見込みは2兆7,114億円で2022年の1兆5,874億円より1兆1,240億円多くなった。(※使用した推定人口は、2020年の国勢調査データをもとに人口動態などを加味したインテージ独自の母集団人口データ)。今年はお財布の紐もそれなりに緩めて、「アクティブに過ごしたい」という想いを反映したとも言える結果となった。

GW,予算

(図表1)出典:インテージ

スポンサーリンク

今年のGWはどう過ごす?

次に、今年のGWの過ごし方(予定)について質問した(複数回答可)。結果は、「未定(38%)」を除くと、過去2年の結果同様に「自宅で過ごす(35%)」が最も多い回答となった。昨年と比較して3ptほど減少しているものの、依然として最も多く、制限が緩和されても慎重に過ごしたい、ひとまず自宅にいる、といった層も一定数いると推察される。一方では「ショッピング(24%)」、「外食(19%)」、「国内旅行(14%)」が上位を占めており、それぞれスコアも伸びている。また、10位以内に入らなかったものの、「海外旅行(1%)」も昨年のおよそ2倍となっていた。これまでのGWとは異なり、自宅から出てのショッピングや旅行などの消費行動、人と会う外向きな動きが復調するGWとなりそうだ(図表2)。

GW,予算

(図表2)出典:インテージ

今年のGWで休める日数は?

働いている人に、実際にGWで休める日数について質問したところ、GW期間中に「休める日数のトータル」については、カレンダー通りの「7日」は15%に留まり、回答者の7割は「6日以下」と回答。その一方で「9日以上」の長期の休みを取得予定も15%ほど存在していた。また、GW期間中の「最も長い連休日数」については、カレンダー通りの「5連休」が4割と最も多くなっていた。さらに、平日の休みを加えて6連休以上の休暇を取得する人も2割弱存在しており、6割程度が5日以上の連休を取得できる予定となっている(図表3)。

GW,予算

(図表3)出典:インテージ

国内旅行はだれと行く?

さらに、復調の兆しのみられた「国内旅行(宿泊あり)」について「だれと一緒に行くか」を尋ねたところ、「同居している夫・妻・子ども」が3割弱と最も多く、次いで「同居している夫・妻」、「友人・知人」が2割強となっていた。「友人・知人」については、女性のほうが男性よりも7ptほど高い結果になった。また、「1人で」も15%と高く、こちらは男性のほうが女性よりも3倍ほど多くなっていた(図表4)。

GW,予算

(図表4)出典:インテージ

国内旅行の宿泊日数は「1~2泊」が最も多い

国内旅行の宿泊日数については、「1~2泊」が65%と、短めの宿泊数が人気となっていた。また、「3~4泊」は26%と4人に1人、「5泊以上」は3%とわずかだった。一方で「未定」も4%ほど存在していた(図表5)。図表3で示した通り、連続した休暇日数については「5日間」が最も多く、回答者の2割は「6日以上」取得予定だった。一方宿泊日数は「1~2泊」が多いことを考え合わせると、まだ長期間の宿泊への抵抗感や、昨今の物価高や経済状況を受けて短期間に抑える、といった意識が働いている側面があるのかもしれない。

GW,予算

(図表5)出典:インテージ

タイトルとURLをコピーしました