記事内に広告が含まれています。

エッセイ:サイト名・ドメイン名は「脊柱起立筋」のようなもの?

サイト名,決め方 朝散歩で一人会議
(画像= Victor Freitas / Unsplash、La Caprese)

2022年9月11日に当サイト「La Caprese(ラ・カプレーゼ)」を開設してから1週間が経過しようとしている。実はここに至るまでは紆余曲折があった。一番の難題はサイト名・ドメイン名がなかなか決まらなかったことだ。アダム・スミスが提唱した「幸福の3要素」を編集コンセプトに据えることはすぐに決まったのだが、肝心のサイト名・ドメイン名が思い浮かばなかった。

2カ月ほど前、7月下旬の朝散歩(一人会議)で、まず、最初のサイト名候補として挙がったのが「筋肉経済新聞」だった。筋トレ×経済ということで、あまり深く考えずに頭に浮かんだのだが、いかにもオールドメディアっぽく感じたことと、字面からもなんとなく近寄り難い印象を受けたので即刻却下した。

スポンサーリンク

サイト名・ドメイン名が決まらず、迷走の日々

次に浮かんだ候補が「Coleman(コールマン)」だった。ユーチューブで、ボディビルダーのロニー・コールマンが雄叫びをあげてバーベルスクワットをしている動画を観ているときに、ふと「Colemanっていいかも?」と思った。これは本当に理屈抜きで、言葉のリズム・語感が心地よく感じたからである。字面もよい感じのように思えた(その前の候補が「筋肉経済新聞」だったので余計にそう感じたのかもしれないが)。

下記は筆者が試作した「Coleman」のロゴである。
いまみても、なかなかよい感じのように思う。

(画像=筆者作成)

ところが、ドメインを検索したところ、すでに米国のキャンプ用品製造・販売業者が取得していたうえ、日本でもそのブランドイメージが広く浸透していたことから断念せざるを得なかった。

その後の1カ月間は迷走である。「バルクマネー」「Silverman Brothers」「M&M.com」「THE Front Pose」「マリブ」「Route 357」などなど、多数の候補が浮かんでは消えた。

編集コンセプトという「背骨」に沿って正しい姿勢を保つ筋肉

9月を迎えてもサイト名・ドメイン名を決めることができずにいたのだが、とりあえず練習用のサイトを開設して記事を投稿しておくことにした。たとえ練習用でもサイトを開設して運用してみることで、何らかのヒントや重要な要素を見つけることができるかもしれないと考えたからだ。

転機が訪れたのは9月10日だった。練習用に書いていた「カプレーゼ」にまつわるエッセイを推敲していたときだった。

「あ、カプレーゼっていいかも?」

その瞬間、アダム・スミスが提唱した「幸福の3要素」を、トマトとモッツァレッラチーズ、バジルの3つの食材に投影するイメージが鮮明に浮かんだ。早速調べたところ、「la-caprese」でドメインを取得できることも判明した。すぐに新ドメインを取得し、練習用サイトから引っ越した。

サイト名・ドメイン名は、筋肉にたとえると「脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)」のようなものだと思う。脊柱起立筋とは、頭蓋骨から骨盤まで背骨に沿ってついている長い筋肉で「正しい姿勢」を維持する役割を担っている。編集コンセプトという「背骨」に沿って正しい姿勢を保つ筋肉だ。

サイト名・ドメイン名が決まって1週間が経過しようとしているが、まるでシャキッと背筋が伸びたような気持ちである。いまのこの気持ちを忘れずにサイト運営に取り組んでいきたい。■

(La Caprese 編集長 Yukio)

タイトルとURLをコピーしました