記事内に広告が含まれています。

大谷翔平選手と一緒に「太陽」に立ち向かおう!紫外線から肌や身体を守る「雪肌精SUN BLOCKERS」メンバー募集――化粧品大手のコーセーがキャンペーン

大谷翔平,美肌,化粧品 ニュース
(画像= コーセー)

大手化粧品メーカーのコーセー(本社:東京都中央区)は、グローバルブランド『雪肌精』の日やけ止めを用いて、子どもたちにスポーツシーンでの日やけ止めの重要性を啓発する「大谷VS太陽 共に立ち向かおう!雪肌精 SUN BLOCKERS チームメンバー募集キャンペーン」を4月20日より展開している。

「雪肌精SUN BLOCKERS」は、スポーツに励む子どもたちに「日やけ止めの大切さ」を広めるために結成されたチーム。申し込んでいただいたチームの中から選考を行い、選ばれたチームには『雪肌精』の日やけ止めと大谷翔平選手のサイン入りメッセージカードが届く。「雪肌精SUN BLOCKERS」メンバーの一員として、日やけ止めをチーム内で使ってもらうことで肌や身体を紫外線から守るとともに、「日やけ止めの大切さ」を一緒に啓発するキャンペーンだ。

スポンサーリンク

大谷VS太陽 共に立ち向かおう!雪肌精 SUN BLOCKERS チームメンバー募集キャンペーン

『雪肌精』は、1985 年のブランド誕生当時から「植物の力で、すべての人に透明感を。」という想いを大切にし、38年間、性別や年齢を超え世界中の方々に愛用されている。過酷な紫外線ダメージから未来の肌を守るためにUV ケアが大切と考える雪肌精では、「あらゆる世代に日やけ止めを使う習慣を広める一翼を担っていただきたい」 という想いのもと、世界を舞台に活躍し、性別や年齢を問わず多くの人々に愛されている大谷翔平選手を、日やけ止めの広告に起用した。なお、大谷選手は、コーセーとグローバル広告契約を締結している。

大谷選手からのメッセージ

カリフォルニアは、だいたいいつも晴れていて、紫外線も強烈です。
なので、紫外線が肌や身体に与える影響を意識するようになりました。
いいパフォーマンスをするためにも、ダメージを防ぐことはとても大切だと思っています。
太陽の下で思いっきり動いたり、やりたいことを思い切りやる毎日を日やけ止めが支えてくれています。
日本でも年々紫外線が強くなっていると言われています。
幼少期からの紫外線対策で、未来にダメージを残さないことも大切と聞いています。
日やけ止めを幅広い世代へ広めていくコーセーの活動を、僕も応援しています。

「雪肌精 SUN BLOCKERS」キャンペーン概要

【特典1】太陽から肌や体を守る雪肌精の日やけ止め

「UVエッセンスジェル」と「UVマイルドミルク」を各5本ずつ合計10本プレゼント!

大谷翔平,美肌,化粧品

(画像= コーセー)

【特典2】大谷翔平選手のサイン入りメッセージカード

大谷選手のサインがプリントされたメッセージカードを最大30人分プレゼント!カードは全部で3種類!

大谷翔平,美肌,化粧品

(画像= コーセー)

キャンペーン名:

大谷VS太陽 共に立ち向かおう!雪肌精 SUN BLOCKERS チームメンバー募集キャンペーン

キャンペーン期間(応募期間):

4月20日(木)〜5月20日(土)
サイトURL:
https://sekkisei.jp/site/p/sunblockers.aspx

応募条件:

・野外で活動するスポーツに所属している小学生・中学生・高校生、またはその保護者の方
・応募規約に同意いただいた日本国内にお住まいの方

参加方法:

キャンペーン期間中に、キャンペーンサイトにある応募フォームより必要事項を入力して応募。

サイトURL:
https://sekkisei.jp/site/p/sunblockers.aspx

特典内容:

選考によって選ばれた50チームには、「雪肌精 クリアウェルネス UVエッセンスジェル」「雪肌精 クリアウェルネスUV マイルドミルク」を5本ずつと、大谷翔平選手のサイン入りメッセージカードをプレゼント!

スポーツの前に日やけ止めを塗ることの重要性

紫外線の良い面、悪い面

太陽光に当たることで、骨や歯を作るビタミンDが産生されたり、生活リズムが整うというメリットがある一方で、シミ・シワという「肌」への影響があることはもちろん、免疫低下や皮膚がんリスクが高まるなど「健康」にも悪影響をおよぼす面がある。

子どもは紫外線の影響を受けやすい

WHO(世界保健機関)は「生涯に受ける紫外線量の半分は18歳までに浴びる」と公式見解を発表している。さらには、地面からの照り返し(反射光)は大人より背の低い子どもだからこそ、影響を受けやすいとされている。紫外線は、空気中を散乱して届くもの(散乱光)も多く、帽子や日陰で直射日光を避けるだけではケアが不十分とも考えられている。

タイトルとURLをコピーしました