記事内に広告が含まれています。

2024年のお年玉事情。ポストコロナで人流戻るも財布の紐は緩まず――インテージの調査報告

お年玉,相場,2024 ニュース
(画像= Ruuuruu / 写真AC、La Caprese)

2023年12月27日、インテージ(本社:東京都千代田区)は全国の15歳から79歳の男女5,000人を対象に実施した「お年玉」に関する調査結果を公開した。

まず、2024年のお年玉を渡す予定があるか質問したところ、「予定あり」は46.8%(前年比+1.4pt)、「予定はない」は41.8%(同-5.0pt)、「わからない」は11.4%(同+3.6pt)となった(図表1)。

また、「予定あり」と回答した人に予算総額を聞いたところ、平均は25,099円と昨年から1,442円(6.1%)の増加となった(図表2)。

お年玉,相場,2024
左:(図表1)、右:(図表2) 出典:インテージ

年末年始の帰省等に伴う親族・知り合いに会う機会の増加と連動して、お年玉をあげる予定が増え(あげない予定が減り)、予算引き上げにつながったと考えられる。とはいえ、インテージの独自調査で2023年のハロウィン予算が昨年比1.4倍、年末年始予算が同1.3倍といった顕著な増加と比較すると、お年玉にかける予算の伸び率は小さい状況である。

スポンサーリンク

お年玉、1人あたりの金額は?

それでは、1人あたりの金額はどうだろうか? 渡す相手別に確認した。それぞれの学齢で最も多かったのは、小学生未満「~1,000円」(44.9%)、小学1〜3年生「1,000円超~3,000円」(50.3%)、小学4〜6年生「1,000円超~3,000円」(40.9%)、中学生「3,000円超~5,000円」(49.1%)、高校生「5,000円超~10,000円」(48.8%)、大学生・専門学校生・短大生「5,000円超~10,000円」(67.7%)となった(図表3)。

お年玉,相場,2024
(図表3) 出典:インテージ

人に会う機会は増えるものの、大盤振る舞いはできず「1人あたりの金額を減らす」傾向

さらに1人に渡す金額を昨年と比較すると、どの学齢においても減少していた。たとえば、小学生未満では昨年23.8%だった「~1,000円」が44.9%と倍増しトップに。また、昨年は「5,000円超~10,000円」が45.6%と最も多かった中学生では、「3,000円超~5,000円」(49.1%)が相場へと変動した(図表4)。

お年玉,相場,2024
(図表4) 出典:インテージ

ちなみに、別途確認した設問で、お年玉を渡す人数は「小学生未満」~「大学生」のすべてにおいて昨年より増加していることが分かっている。年始の人に会う機会の増加と連動してお年玉の総額予算は増えるものの、大盤振る舞いはできず「1人あたりの金額を減らすことでやりくりする」といった様子が見てとれる。

スポンサーリンク

お年玉を渡す方法は「現金」の手渡しがトップ

続いて、お年玉を渡す方法について確認した。

「図表5」は相手別の渡す方法である。自分の子ども、孫、親戚の子どものそれぞれトップは「現金(手渡し)」で、いずれも9割前後と圧倒的多数となった。次いで、自分の子ども相手では「振り込み」(3.7%)、孫相手では「現金書留」(5.0%)、親戚の子ども相手では「現金書留」(2.9%)と続いた。なお「スマホのキャッシュレス決済」については、いずれの相手に対しても1%未満と奮わず、昨年比でも大幅な伸長は見られなかった。

お年玉,相場,2024
(図表5) 出典:インテージ

お年玉の渡し方に「スマホのキャッシュレス決済」を選択しない理由としては、「現金の方がもらったという実感がわく」(41.0%)がトップだった。5位の「現金を渡した時の子ども・孫の表情・笑顔が見たい」(20.1%)は昨年から3ptアップ。祖父母世代がリアルで孫に会う機会が昨年からさらに増え、相手の喜ぶ顔を楽しみにしている様子がうかがえる(図表6)。

お年玉,相場,2024
(図表6) 出典:インテージ

スポンサーリンク

お年玉を「スマホのキャッシュレス決済でもらいたい」という希望も

最後に、お年玉をもらう側(20歳以下)に、もらい方として「スマホのキャッシュレス決済」の希望を確認した。

結果は、「スマホのキャッシュレス決済でもらいたい」という人は27.4%で、理由のトップは「普段スマホのキャッシュレス決済を使っていて便利」(66.7%)となった。4人に1人が希望している結果は、昨年とほぼ同水準である。お年玉という特別感に加えて人流の流れが戻りつつある中でも、利便性・タイムパフォーマンスを重視する世代には、あげる側ほどの現金へのこだわりはないようだ(図表7)。■

お年玉,相場,2024
(図表7) 出典:インテージ
タイトルとURLをコピーしました