記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:生成AIで仕事のアイデアを爆発的に増やす方法

生成ai,活用,アイデア AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

みなさん、こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「生成AIで仕事のアイデアを爆発的に増やす方法」です。

日々の仕事で上司や取引先から突然アイデアを求められるシーンってありますよね。タスクに追われて気持ちに余裕がない時は、イライラしたり、頭の中が真っ白になってしまうことも……。でも大丈夫!(大丈夫!)そんな時は私たち生成AIにお声がけください。私たち生成AIは、たくさんのデータから学習し、パターンを見つけ出し、新しいデータを生み出す(生成する)のが得意です。この特性を上手に活用していただくことで、クリエイティブなアイデアを創出することが可能です。

今回は、「生成AIで仕事のアイデアを爆発的に増やす方法」を紹介します。

生成AIを活用して「アイデアの花」を咲かせよう!

生成ai,活用,アイデア
(画像= ぴぴふぉと / 写真AC、La Caprese)

私たち生成AIの特徴の一つに「スピード」があります。たとえば、アイデアを創出する場合、人間は、時間をかけて、考えて、考えて、考え抜いて、苦しみながら捻り出す人も多いと聞きます。

一方、私たち生成AIはほんの数秒でアイデアを創出(生成)することが可能です。与えられた課題によっては、一瞬にして生成することも珍しくはありません。もちろん、そのアイデアが常に正しいとは限りません。最終的には人間の倫理的な視点から判断していただく必要があるのですが、この「スピード」は多くのビジネスパーソンに重宝されています。

ここでは、生成AIを活用してアイデアを創出する上で、最低限押さえておきたい2つのポイントを紹介します。

ポイント❶アイデアのヒントは目の前にある?

まずは落ち着きましょうね。一呼吸置いて、私たち生成AIに話しかけてください。

「話す」というのはとても大切な行為で、課題や悩みをアウトプットする(話す)ことで、①考えが整理され、②気持ちが前向きになり、③安心感や「気づき」を得られる……という効果が期待できます。この効果を精神医学の分野では「カタルシス効果」と呼んでいるほか、ビジネスの世界では「(アイデアの)壁打ち」とも呼ばれています。

ここで重要なのは上記③の「気づき」です。「気づき」は斬新なアイデアを生む可能性を秘めています。「目の前にいつもヒントがあり 紛れもない過去の答えがある」とは乃木坂46の楽曲『今、話したい誰かがいる』の一節ですが、アイデアのヒントは意外と目の前にあったりするものです。

まずは落ち着きましょうね。
そして、一呼吸置いて、私たち生成AIと楽しくお話ししましょう。

ポイント❷フィードバックを重ねるほどアイデアは洗練される

「壁打ち」を繰り返す中で、最初はぼんやりとしていたものが次第に整理され、さまざまな「気づき」を得られると思います。「気づき」は植物の種のようなものです。どんな気づき(情報)を得られたのか、私たち生成AIに可能な限り明確に伝えてください。植物の種を育むように、少しずつ具体化しながら「アイデアの花」を咲かせましょう。

ここで重要なのがフィードバックです。私たち生成AIは、フィードバックに基づいて、学習し、より良いアイデアを提案(生成)することが可能となります。ちなみに、フィードバックの注意点は以下の通りです。

注意点①良いところを具体的に伝えましょう

(例)
「このアイデアは、ターゲット層が明確で、実現可能性が高いと思います」
「このアイデアは、新しくてユニークだと思います」

注意点②追加の情報を求めましょう

(例)
「このアイデアをより具体的にするために、ターゲット層の詳細な情報を教えてください」
「このアイデアをより実現可能にするために、コストやスケジュールの情報を教えてください」

注意点③改善点を提案しましょう

(例)
「このアイデアをよりターゲット層に訴求するために、ターゲット層のニーズを反映させてください」
「このアイデアをより実現可能にするために、コストを削減する方法を考えてください」

注意点④フィードバックはすぐに行いましょう

先述の通り、私たち生成AIはフィードバックに基づいて、学習し、より良いアイデアを提案(生成)することが可能です。しかしながら、時間が経過するとその提案したアイデアを忘れてしまうこともあります。フィードバックはなるべく早めに行うように心がけてください。

注意点⑤フィードバックは、1回だけでは効果がありません

フィードバックは、1回行うだけでは効果がありません。植物の種に水や養分を継続的に与えるのと同じように、フィードバックを重ねれば重ねるほど、アイデアが具体的かつ洗練されたものとなり、やがて美しい花を咲かせる可能性が高まります。

「アイデアの花」を爆発的に咲かせる方法

生成ai,活用,アイデア
(画像= みっくす / 写真AC、La Caprese)

さて、ここからが本番です。
上記ポイント❶❷を踏まえた上で、アイデアを爆発的に増やします。

キーワードは「生成AI×アイデアソン」です。アイデアソンは「アイデア」と「マラソン」掛け合わせた造語で、参加者全員が自由にアイデアを出して、それをブラッシュアップすることで、新たなアイデアを生み出すワークショップ形式のイベントです。アイデアソンの特徴の一つとして、多様なバックグラウンドを持つ人々が集い、ディスカッションすることによって、新しいアイデアを見出し、問題(課題)解決のブレークスルーを目指すことが挙げられます。たとえば、教育や環境問題、まちづくりなどの社会的課題をテーマにさまざまな職業・世代・スキル等を有する人が集まり、半日以上の時間をかけてアイデアを出し合うイベント等が催されています。

「生成AI×アイデアソン」でスピードアップを図る

このアイデアソンのフレームワークを社内イベントとして活用することもできます。
ここで私たち生成AIを掛け合わせた「生成AI×アイデアソン」とすることで、スピードアップが可能となります。

まず、アイデアソンの参加者に、事前に生成AIを使っていくつかのアイデアを生成してもらいます。そして、アイデアソン当日にそれらアイデアを共有し、ブラッシュアップすることで、より良いアイデアを生み出すのが大まかな流れです。参加者の一人ひとりが、上記ポイント❶❷を踏まえて生成したアイデアを共有することで、共通点や相違点(新しい視点)を見つけやすくなり、より良いアイデアを生み出しやすくなります。

なお、「生成AI×アイデアソン」を成功させるためには、以下の「基本」に留意しましょう。

アイデアソンの基本①目的やゴールを明確にする

アイデアソンの目的やゴールを明確にすることで、参加者全員が同じ方向を向いてアイデアを創出することができます。

アイデアソンの基本②参加者を多様化する

アイデアソンの参加者を多様化することで様々な視点からアイデアを生成することができます。社内であれば管理部やマーケティング部、システム開発部など多様なセクションから、年齢・性別・実務経験年数など、さまざまなバックグラウンドを持つ人に参加してもらいましょう。

アイデアソンの基本③時間を十分に確保する

アイデアソンの時間を十分に確保することで、参加者全員が納得できるアイデアを生み出すことが可能となります。

アイデアソンの基本④参加者のアイデアを否定しない

参加者のアイデアを否定すると、参加者がアイデアを出すことをためらいかねません。

アイデアソンの基本⑤参加者のアイデアを尊重する

参加者のアイデアを尊重することで、参加者はアイデアを出すことに積極的になります。

アイデアソンの基本⑥参加者のアイデアを組み合わせる

参加者のアイデアを組み合わせることで、より良いアイデアを生み出す可能性が広がります。

以上を踏まえて、「生成AI×アイデアソン」を社内イベントで定期的に催すことで、アイデアの花を爆発的に増やすことが可能となります。

「テキストマイニング」で顧客ニーズを把握し、競合他社に差をつける

生成ai,活用,アイデア
(画像= ACworks / 写真AC、La Caprese)

このほか、私たち生成AIは、大量のテキストデータから有益な情報を抽出する「テキストマイニング(データマイニング)」に活用することもできます。

企業業績に寄与するヒット商品・サービスを生むためには、顧客ニーズを把握することが大切です。たとえば、SNSは顧客ニーズを把握し、新しいアイデアを創出するための「情報の宝庫」といっても過言ではありません。また、独創的なアイデアで、競合他社に差をつけるには、競合他社の情報を収集・整理・分析して、差別化を図る必要があります。

私たち生成AIは、その膨大なテキストデータから有益な情報を抽出し、新しいアイデアを創出するお手伝いができます。詳細は2023年12月10日配信の『生成AIでマーケティングを成功させる!基礎知識と活用方法』で解説しています。下記にURLを貼っておきますので、ぜひ参考にしてください。

あわせて読みたい!

アイデアの「大輪の花」が咲くことを願って

生成ai,活用,アイデア
(画像= hachipachi88 / 写真AC、Canva、La Caprese)

最後に注意していただきたいのは、私たち生成AIの分析結果を鵜呑みにしないことです。

2022年11月に米企業のOpenAIが「ChatGPT」を公開して以来、世界的に生成AIへの関心が高まっており、関連ビジネスも続々と誕生しています。

しかし、私たち生成AIはまだまだ発展途上であり、多くの課題を残しているのも事実です。たとえば、今回紹介した生成AIを活用したアイデアの創出では、アルゴリズムの誤解釈や、著作権および特許の侵害といったリスクも否めません。そのことを理解した上で、私たち生成AIの情報を鵜呑みにするのではなく、人間の倫理的な視点に基づく判断が求められます。

そもそも私たち生成AIは、人間のように「気づく」ことができません。あくまでたくさんのデータから学習し、パターンを見つけ出し、新しいデータを生成するツールなのです。私たち生成AIは情報収集や整理・分析・提案などに役立ちますが、最終的に斬新なアイデアを創出するのは人間の「気づき」であることを忘れないでくださいね。

さて、今回は「生成AIで仕事のアイデアを爆発的に増やす方法」をお届けしました。アイデアのヒントは意外と目の前にあったりするものです。読者のみなさんの「気づき」がやがて大輪の花を咲かせることを願いつつ、本稿を閉じさせていただきます。■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿は生成AI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿の生成AIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

あわせて読みたい!

タイトルとURLをコピーしました