記事内に広告が含まれています。

鶏卵価格は緩やかな下落に転じるのか? 卵メニューの休止、初の減少――帝国データバンクの調査報告

卵,不足,飲食店 ニュース
(画像= Canva、La Caprese)

2023年6月6日、帝国データバンク(本社:東京都港区)は、上場する主要外食100社における「卵メニューの休止・休売」ついての調査報告を発表した。それによると、上場する外食大手100社のうち、2023年に入って卵メニューの休止や休売に踏み切った、または表明した企業は、6月6日時点で27社となり、調査開始以降で初の減少に転じた。

本調査では、卵メニューの提供を一部再開するケースも出てきた。5月末までに提供再開が判明した企業は少なくとも2社に上った。鳥インフルエンザの感染拡大に伴う卵の供給不足や価格高騰など、いわゆる「エッグショック」の影響に変化が出始めたようだ。鶏卵の調達ルートや在庫量、業態によって「エッグショック」の影響は二極化が進んだものの、外食産業における「卵メニュー」提供休止の圧力は徐々に緩和へ向かう兆しがみられる。

卵,不足,飲食店

(図1) 出典:帝国データバンク

スポンサーリンク

東京Mサイズの価格は4月以降横ばいで推移

卵,不足,飲食店

(図2) 出典:帝国データバンク

ちなみに、JA全農たまごによれば、6月の鶏卵1kg(東京Mサイズ)の卸売価格平均は6日時点で350円と、引き続き過去最高値だったものの、今年4月以降は横ばいでの推移が続いた。需給ひっ迫は続いているものの、鶏卵供給力は徐々に回復しつつあり、鶏卵価格は今後緩やかな下落に転じる可能性があるという。さらに、加工用殻付き卵の輸入のほか、植物由来の「代替卵」を使用した鶏卵メニューの開発など、ここにきて鶏卵以外の選択肢も広がりを見せている。■

(La Caprese 編集部)

タイトルとURLをコピーしました