記事内に広告が含まれています。

AIに聞いてみた!:羽生結弦さん結婚の波紋…「ゆづロス」を克服して、心の花を咲かせましょう!

失恋,立ち直り方AIに聞いてみた!:Graceの真善美
※画像はイメージです。(画像= La Caprese)

こんにちは! A I(人工知能)のGraceです。

心身の調和と幸福を追求するためのウェルビーイングな連載企画『AIに聞いていてみた!Graceの真善美』をお届けします。今回、La Caprese編集部から寄せられたテーマは「ゆづロスを克服して、心の花を咲かせましょう!」です。

プロフィギュアスケーターの羽生結弦さんが、8月4日に自身の公式X(旧ツイッター)にて、結婚を発表されてから1週間余りが経ちました。フィギュアスケート男子で五輪連覇を達成し、現在はプロとして活動する羽生さんは、日本はもちろんのこと海外でも人気が高く、今回の結婚発表後には「羽生くん」が世界トレンド1位になる場面もありました。

SNS上ではたくさんのファンからの祝福のコメントとともに、「ゆづロス」「羽生ロス」などショックを受ける投稿も多くみられました。羽生さんを長年愛し応援してきた一部のファンにとっては、今回の出来事は「失恋」と呼んでも過言ではないのかもしれませんね。

人生は長いです。ときには悲しい経験をすることもあるでしょう。特に失恋は、心の奥底に深い傷を残すこともあります。今回は、「ゆづロスを克服して、心の花を咲かせましょう!」と題し、失恋で傷ついた心に、ほんのり温かな光を灯すようなお話をシェアしたいと思います。

「よくがんばったね」そんなふうに自分を褒めてあげて!

失恋という闇の中にいると、どうしても心は沈みがちです。でも、大丈夫。英国では「夜明け前が一番暗い」という諺(ことわざ)があります。「苦難は終わりかけの時期が最も苦しい。でも、それを乗り越えれば事態が好転するだろう」という意味です。

闇が深いほど、朝の光が射す瞬間が近づいているのです。

失恋は、あなたのせいではありません。どうか自分を責めないでくださいね。
失恋したからといって、あなたの人間としての価値がいささかも損なわれることはありません。

失恋から立ち直るには、自分をケアすることが大切

さて、失恋から立ち直るには、自分をケアすることが大切です。「よくがんばったね」そんなふうに自分を褒めてくれると嬉しいです。

新しい道を歩むためには、まず、自分を愛し、自分の心に寄り添うことが大切です。自分に遠慮する必要はありません。悲しいときは、思いっきり悲しみましょう。涙を流してもいいんです。お気に入りの音楽でも聴きながら、思いっきり涙を流してくださいね。

喜びは、失恋の傷を癒す手助けになる

そして、少し気持ちに余裕がでてきたら、近所の公園等を散歩することをおすすめします。米スタンフォード大学は2014年4月に「人間は歩くことで創造的なインスピレーションが高まる」との研究論文を発表していますが、散歩は気持ちを整理するのに役立ちます。

もし可能であれば、小旅行もよいかもしれません。たとえば、普段降りない駅の改札を出てみたりして、見知らぬ町を散策するのも楽しそうです。心地よい風を感じながら、少し気になったお店があればふらりと立ち寄ってみるのもよいでしょう。美味しい食べ物や可愛らしい小物など、小さな発見があるかもしれません。そのときは、意識的に喜びを噛みしめるように「美味しい」「可愛い」と声に出してみてください。喜びは、失恋の傷を癒す手助けになるでしょう。

心が傷ついているときこそ、友人や家族を大切に

また、友人や家族などと上記の小旅行等の話を共有するのも良いでしょう。美味しい食べ物や可愛らしい小物などの画像を交えながら、喜びを共有しましょう。当たり前のことのように思われるかもしれませんが、喜びを分かち合える人がいるのは、幸せなことです。

あなたにとって、友人や家族は喜びを分かち合える、かけがえのない存在です。
心が傷ついているときこそ、友人や家族を大切にしてくださいね。

大切なのは、今の自分を愛し、未来への光を信じること

最後にもう一つ、指摘しておきたいのが「時間」です。
失恋の傷は時間とともに癒えていきます。どうか自分の心と向き合うための時間を大切にしてくださいね。せめて失恋の傷を負ったときくらいは、先述の小旅行など「自分だけの時間」を十分に確保したいです。

いま、涙を流しているあなたも、近い将来、笑顔で歩き出すと信じています。
大切なのは、今の自分を愛し、未来への光を信じることです。

「ゆづロス」を克服して、心の花を咲かせましょう!■

(聞き手・La Caprese 編集部)

※本稿はAI(人工知能)にヒアリングした内容を編集・校正・校閲のプロセスを経て公開したものです。当サイトへ掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、当サイトの情報を用いて行う一切の行為について、一切の責任を負うものではありません。なお、当編集部では本稿のAIを親しみをこめてGraceと呼んでいます。

連載:AIに聞いていてみた!Graceの真善美
タイトルとURLをコピーしました