記事内に広告が含まれています。

サントリー、ウイスキーづくり「100周年」の事業方針を発表。山崎・白州両蒸溜所の品質向上や蒸溜所魅力訴求強化に100億円規模を投資

サントリー,事業方針,2023 ニュース
(画像= サントリーホールディングス)

2023年2月1日、サントリーホールディングス(以下、サントリー 本社:大阪府)はウイスキーづくりをはじめて100周年を迎えるにあたり「2023年ウイスキー事業方針」を発表した。

サントリーの創業者である鳥井信治郎氏が、山崎の地でウイスキーづくりをはじめて2023年で100周年を迎える。1923年にウイスキーづくりへの挑戦を始めてから、サントリーは絶えず「ウイスキー文化の創造・発展」「美味品質」に取り組み、ウイスキーの魅力と品質を高めるための弛まぬ研鑽を続けてきた。サントリーの企業理念である「人と自然と響きあい、豊かな生活文化を創造し、“人間の生命(いのち)の輝き”をめざす」ことを体現する事業として、さらなるウイスキー文化の発展と品質向上に取り組む方針である。また、これからの100年に向けて、常に革新を続け、世界中の人々と自然と共生していくことで、「世界中から愛されるサントリーウイスキー」を目指す方針である。

以下は、サントリの「2023年 ウイスキー事業方針」の要旨である。

スポンサーリンク

サントリーウイスキー100周年へ向けた「設備投資」について

サントリー,事業方針,2023
出典:サントリーホールディングス

山崎蒸溜所・白州蒸溜所において、さらなる品質向上や蒸溜所魅力訴求の強化を主な目的として、2024年にかけて100億円規模の設備投資を実施する。

さらなる品質向上に向けた取り組み

さらなる品質向上に向けた取り組みの一環として、仕込や蒸溜工程だけでなく、原料にまで徹底的にこだわる“原酒のつくり込み(※1)”に挑戦する。具体的には以下の通り。

(1)山崎蒸溜所・白州蒸溜所に「フロアモルティング(※2)」を導入し、さらなる「美味品質」を目指す。
(2)山崎蒸溜所では、「パイロットディスティラリー(※3)」という小規模蒸溜施設で、1968年より、サントリーウイスキー全体の品質向上に向けた新たな技術開発・原酒のつくり分けに挑戦してきた。今回、直火加熱に加えて電気式加熱も可能な蒸溜釜を導入することで品質向上等の研究を始めるとともに、ウイスキーづくりにおけるチャレンジの象徴として取り組む。
(3)白州蒸溜所では、原料の一つである「酵母培養プロセス(※4)」を導入する。原料にまでこだわることで、さらなる「美味品質」の向上の実現を目指す。

解説

※1 ウイスキーの製造工程における「蒸溜」を終えたばかりのニューポット(無色透明な原酒)までの段階においても、よりいっそうの品質向上を目指すこと。原酒の骨格をつくるとともに、長期熟成に耐えられるより品質の高いニューポットづくりを実現する。
※2 大麦をウイスキーの製造に必要な「麦芽」へと変化させる伝統的な製麦工程の一つの方式。
※3 山崎蒸溜所の一角にある品質研究・技術開発用の小型蒸溜施設。
※4 原料の一つである「酵母」を自社で培養すること。継続的に高品質な「酵母」の調達を目指す。

蒸溜所の魅力訴求活動

山崎蒸溜所と白州蒸溜所を改修し、2023年秋頃のリニューアルオープンを目指す。「日本の自然・風土に育まれ、つくり手の技によって仕上げられる、日本人ならではの繊細なウイスキーづくり」に加えて、ものづくりの現場である「蒸溜所の魅力」をよりいっそう体感いただける施設を目指す。

サントリーウイスキー100周年を記念した「限定商品」の発売

サントリープレミアムハイボール缶

これまでウイスキーを支えていただいた消費者への感謝の気持ちとともに、さらなるウイスキーの魅力をお伝えしたいとの思いを込めて、「サントリープレミアムハイボール缶」の発売を決定。その第一弾として、ハイボールに合う白州モルト原酒のみを厳選した「サントリープレミアムハイボール〈白州〉350ml缶」を2023年6月6日(火)より数量限定で新発売する。

詳細は下記URLを参照。
「サントリープレミアムハイボール〈白州〉350ml缶」数量限定新発売
https://www.suntory.co.jp/news/article/14315.html

サントリーウイスキー100周年記念蒸溜所ラベル

サントリーウイスキー100周年を記念し、ものづくりの現場である蒸溜所のデザインをあしらった、2023年限定デザインラベルの「サントリーシングルモルトウイスキー山崎」「同 12年」「サントリーシングルモルトウイスキー白州」「同 12年」を2023年4月中旬から順次発売することを決定。サントリーウイスキーの未来への思いを蒸溜所のデザインで表現した。

サントリーウイスキー100周年を記念した「主なマーケティング活動」

プレミアムウイスキー

「山崎」「白州」「響」は、蒸溜所起点のコミュニケーション推進やギフト施策等を通じて、品質価値訴求を強化する。ご好評いただいているSUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」は、“ハイボールのちロック”の飲み方訴求を通じてウイスキーの新たな需要の創造を目指す。

「ハイボール」マーケティング活動

“ハイボールを日本のソウルドリンクに”を実現すべく、料飲店に加えて、家庭でも楽しんでいただけるよう、「業務用・缶・瓶」の三位一体活動で需要拡大を目指す。詳細は以下の通り。

角瓶

“業務用・缶”接点を中心にハイボールのおいしさを訴求し続けることで、ウイスキー市場の活性化を目指す。業務用では、最高品質のハイボールを提供いただく「頂店ハイボール」店活動を推進する。また、角ハイボール缶は、さらなる“お店のおいしさ”を目指して、リニューアルを実施。非加熱製法(※5)による爽快な味わいで、よりいっそう「角瓶」由来のコクやレモンの香りを感じられる“お店のおいしさ”を提供する。

詳細は下記URLを参照。
「角ハイボール缶」リニューアル新発売
https://www.suntory.co.jp/news/article/14301.html

解説

※5 缶詰め後の加熱殺菌を行わない製法。香味変化を防ぎ中味品質が向上する。

ジムビーム

「ジムビーム」らしい“開放的で明るい世界観”を強化することで、ブランド価値向上を目指し、ブランドのイメージカラーであるホワイトを強調したデザインにリニューアル。

トリス

日常的に気軽に飲めるハイボールとして、缶・瓶ともにエントリーを獲得することでブランド成長を図る。2023年2月には「トリスレモンハイ」(缶)のリニューアルを実施することで、トリスらしい気軽に楽しめるおいしいハイボールを訴求する。

詳細は下記URLを参照。
「トリスレモンハイ」新発売
https://www.suntory.co.jp/news/article/14276.html

サントリーウイスキー100年の主な歩み

・1923年  山崎蒸溜所建設に着手
・1929年  本格国産ウイスキー「白札」発売
・1937年  「角瓶」発売
・1946年  「トリスウイスキー」発売
・1950年  「オールド」発売
・1960年  「ローヤル」発売
・1969年  「スペシャルリザーブ」発売
・1972年  サングレイン(株)設立(知多蒸溜所の前身)
・1973年  白州蒸溜所竣工
・1980年代 さらなる品質向上に向け、山崎蒸溜所・白州蒸溜所において大改修を実施
・1984年  「山崎」発売
・1989年  「響」発売
・1994年  「白州」発売
・2003年  世界的な酒類コンペティション「ISC(インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ)」にて「山崎12年」が初めて金賞を受賞。以降現在に至るまで数多くの酒類コンペティションで最高賞受賞。
・2008年  「角ハイボール」マーケティング活動開始
・2010年  「ISC」にて「ディスティラー オブ ザ イヤー(Distiller of the Year)」を日本企業として初めて受賞
・2014年  米ビーム社の株式を取得し、ポートフォリオの拡充や世界的な販売流通網を獲得
・2022年  「ISC」にて「白州25年」がジャパニーズウイスキー部門最高賞である「トロフィー」を受賞
・2023年  サントリーウイスキー100周年

タイトルとURLをコピーしました